WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

かわいい動物マグネットの作り方<クマ編>

冷蔵庫などにちょっとしたメモを残すのに便利なマグネット!今回はちょっぴりお眠なかわいい動物マグネットの作り方をご紹介いたします。
#マグネット #雑貨 #作り方

2018.3.20

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.20 / 作成:2018.3.19

材料

クマ用本体    羊毛フェルト 薄茶色1.2g
クマ用耳鼻    羊毛フェルト 濃茶少々
クマ用ほっぺ   羊毛フェルト 薄ピンク少々
クマ用口周り   羊毛フェルト 白0.1g
目    羊毛フェルト 黒少々
     つけまつげ 3つ
     発泡スチロール球 直径3cm2個
     DAISO 強力マグネット25P25個のうち3個
手芸用ボンド

道具

ハサミ
定規
ニッパー
カッター
爪楊枝
ピンセット
羊毛フェルト用ニードル 極細
羊毛フェルト用マット

はじめにスケッチデザインを書く

パーツをつけるときの目安になりますので、書いておくと作りやすいくなります。

土台を作る

手芸店などで販売されている円形の発泡スチロールを半分に切ります。
カッターで切るときは小さい穴が開いていて、そこから一週線がありますので、この線に沿って切ると綺麗に半分になります。

羊毛フェルトを包む

クマ本体用の羊毛フェルトを1g・0.1g・0.1gで分けます。
(顔・耳・耳)

分けた顔用の1gを使用します。
羊毛フェルトを少しずつ裂いてほぐします。 裂いたものを重ねまとめて、直径8cm位のマルになるように置いていきます。

半分に切った発泡スチロールを包みます

丸く広げた羊毛フェルトの中心に発泡スチロールを(平らな面が上になるように)置きます。
左右

上下
の順に包んだらニードルで刺して軽く固めます。
合わせ目が中心ににまとまっているので、それが開かないくらいまでで良いです。 (後でしっかり刺し固めるので、止まればOK) これで全体が四角くなります。
次に四角の角を対角線で持ち、先程と同様に包みます。 もう一方の対角線も同様にニードルで刺し止めながら包むとなんとなく羊毛フェルトがまとめってきました。

羊毛フェルトの整え方

先ほどの包んだ合わせ目を下にします。

刺し方A

半球の頂点から外側に向けてニードルで刺します。
以下の写真の方向で刺しましょう。

発泡スチロールを避けるように、ニードルを斜めに刺していきます。

これを刺し方Aとします。

刺し方B

次に円周を刺します。
頂点から外側に向けて刺したので、外側に羊毛フェルトが偏っていきます。
それを刺し固めていきます。

写真は反時計回りですが、時計回りでも大丈夫です。
自分の刺しやすい回りで刺してください。

刺し方C

次に円周から頂点に向かって刺します。
半球なので円周から頂点に向かって一度に刺せません。
以下の写真のように、2段階で刺しましょう。

横から見ると山型になります

この山が出来たら、刺し方A で 頂点からニードルで刺して山をつぶしていきます。

刺し方D

山が潰れたら、円周から頂点に向かって渦巻状に刺していきます。

半球の形が綺麗になりました

裏面を固める

裏だけ柔らかいままだと、羊毛フェルトがどんどん表に伸びてきてしまうので、一度裏を刺し固めておきます。

表に返して、刺し方Cでさらに固める

刺すと写真のようにまた山型になります。
最初の山型になった時よりも一回り小さい山になっています。

先程と同じように 刺し方Aで山を潰してきましょう。

刺し方Cで裏面を再度固めて土台完成

がばつきがなくなるまで、中心に向かって刺しましょう。
全体で浮いているところがあれば調整します。

耳を作る

クマ耳用羊毛フェルト0.1gを2つ用意します
1つを幅3cm長さ8cm程に広げます
次に羊毛フェルトを横からクルクル巻いて、合わせ目をニードルで刺して固めます。

上から潰すように全体をさし固めます。

下部分をつまんで固めるとやりやすいですよ。
つまんでいる部分が、顔につける時の、のりしろになります。

耳のカーブにそって周囲を刺します。
耳と水平に真横からニードルで固めます。

周りを刺したらさらに全体をかためます。
このときに、先ほど外側からさしたので耳の中心に羊毛フェルトが集まっていますので、これを刺しかためます。

耳の内側をつくる

耳の周囲を刺さないように中心を何度も刺すとへこんでいきます。

凹んだ所に少量の濃茶の羊毛フェルトを置き刺し固めたら、同じものをもう一つ作って耳の完成です!

口周りを作る

口まわり用羊毛フェルト0.1gを適当にまとめて広がらないようにニードルで仮止めします。

全体を上から刺して平らにしましょう。

上から固めて次に周囲を固める

周りから中心に向かって周囲を差し固めます。これを2回ほど繰り返します。
羊毛フェルトは刺すと小さくなっていきます。
土台に当てながら大きさを微調整しましょう。

(写真は撮影の為まち針で止めています)
ちょうどいい大きさになったら周囲を刺して土台につけたらお口の完成です。

目を作る

黒の羊毛フェルトを用意し、好みの目のサイズに細くまとめ毛糸のようにします。
顔の中心から外に向かって目のラインを刺しつけます。
少し垂れ目になるようにラインを書くと眠そうになりますよ。
ちょうど良い長さで羊毛フェルトをハサミで切ります。
両目とも中から外に向かって刺しつけましょう。

鼻をつくる

少量の濃い茶色を小さく丸めて鼻にします。
顔の配置したい部分に置き、位置を見ながら差し固めます。

あらかじめ作っておいた耳をつける

周囲をしっかり刺して取れないように根元を刺し固めましょう。 クマの耳はのりしろ分を残しているので、うらから本体に馴染むまで刺し固めます。
のりしろ部分を本体に固定しているところ。

ほっぺを作る

少量の薄ピンクを2つ用意します。ピンクの羊毛フェルトはあまりまとめずふわっとしたままほっぺに刺しつけます。

つけまつげをプラスして可愛く!

100均のつけまつげを使います。

少しカットして使うので、クロスしているものよりストレートのほうが良いです。

1匹、片目分使用します。
ハサミでまつげが5mmくらいになるようにカットします。
目のラインに合わせて仮置きしカットしておきます。
おおよその位置を決めます。
ピンセットでまつげ部分を挟み、つけまつげの根元に手芸用ボンドを爪楊枝で塗ります。
目のラインにそって貼り付けましょう。

マグネットを付けて完成

マグネットの裏に手芸用ボンドをたっぷりのせます。 つけた時に少しはみ出るくらいのせます。 はみ出ても乾くと透明になるので、無理に拭き取ったりせず、乾くまで触らず待ちましょう。
ブタさんやウサギさんは少し作り方が違うだけなので次回ご紹介できたらと思います!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ