更新:2018.3.16 作成:2018.3.16

つまみ細工の基本、丸つまみで作るヘアゴムの作り方

つまみ細工で丸つまみの作り方を覚えながらヘアゴムを作りませんか?
❤︎ お気に入り
目次
  1. 材料
  2. 道具
  3. 下準備
  4. 丸つまみをつまむ
  5. ヘアゴムを付ける
  6. 完成

材料

ちりめん(レーヨン100%)3cm×3cm角5枚
ちりめん(レーヨン100%)約直径5cmの円状1枚
22mmのクルミボタンセット1組
ヘアゴム適量(私は手首一周分位で作ってます)
8mmビーズ1つ
ボンド、でんぷんのり適量
ノリを出す台(牛乳パックやクリアファイルなどでOK)

道具

ピンセット

下準備

ちりめんをつまんだら、青い線のところで折って参画にする。

丸つまみをつまむ

青線のところで、もう一度折って三角にする。
上の部分は繋がっていますが、下の赤矢印部分は2つに分かれています。
この、二つに分かれた部分をそれぞれ青線のところで外側に折ります。
これで、ひとつ目の花弁を折ることが出来ました。
3つに分かれている部分があるんですが、ここに・・・
ボンドをちょんちょんとつけます。
全体につけず、3つの先についていればOKです。
ボンドを付けた部分をぎゅーっと指でつまんでくっつけます。

この工程は、私が独自に行っています。
本来の伝統的なつまみ細工は花弁を折った後に次の工程のでんぷんのりに置くところに進みます。


ですが、本来は羽二重で作るので大丈夫なんだと思いますが、ちりめんで作っているとでんぷんのりに置いているうちに先が開いてしまうんです。
なので、折り直しになるのが嫌で私はボンドで軽くくっつけることにしました。
(でんぷんのりで同じようにしても開いてしまい、ボンド使用にたどり着きました)
ちりめんを折り、ボンドを付けてぎゅーっとしたら出しておいたでんぷんのりの上に置いていきます。
5枚全部作りましょう。
花びらをでんぷんのりの上で休ませて、でんぷんのりを吸わせます。
30分くらい置いておくものらしいですが、わたしは15分くらいでも大丈夫さと思います。

待っている間にクルミボタンを作りましょう。

パッケージなどにも書いていますが・・・。

指定の大きさに布を切り、凹型の物に敷きます。
皿状のボタンの上になる金具を乗せ、はみ出ている布を皿の中にすべて入れます。
足つき金具を乗せ、金具押しでぐぐーっと押し込めば完成です。
ボタンの表面にもでんぷんのりを塗り、花弁を葺いていきます。
(つまみ細工で花びらを土台にのせいくことを「葺く」といいます)
バランスよく、5枚を葺いていきましょう!
側面から見たところ。

後ろのところは二つに分かれているんですが、しっかり広げて隣とくっつけておくと綺麗です。
中央にボンドを塗って、ビーズを付けます。

これでつまみ細工の部分は完成となります。
あとはヘアゴムを通して完成なんですがでんぷんのりはボンドに比べると乾きが遅いです。
乾く前に裏返して作業してしまうとせっかく綺麗にできた花が悲惨なことに・・・!

一晩くらい乾かしてからの作業をお勧めします。

ヘアゴムを付ける

色んなゴムの結び方があるとは思いますが、今回はこれで。
両端を合わせて、輪を作り、その中に両端をくぐらせぎゅっと締めます。
しっかりと乾いていることを確認してから作業しましょう。

ボタンの足にゴムの結び目ではない方を通します。
結び目がない方の輪に、結び目がある方を通します。
最後までしっかりと引っ張ると結び目がボタンの後ろにきます。
これで結び目はボタンの陰に固定されました。
裏返せば結び目が見えてしまいますが、使用中は見えません。

ゴムの余分なところを切って・・・

完成

丸つまみを覚えたらこちらもチャレンジしてみてくださいね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!