WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

折り紙を楽しもう♪女の子が喜ぶ「リボン」の作り方

今回は、折り紙で「リボン」を作ります。こちらの「リボン」は平面タイプの中でもちょっと立体的に見えて、女の子に人気の折り方。おままごとのおしゃれアイテムにアレンジしてもカワイイ♪大人女子なら、デザインペーパーで作り、手軽なラッピングのアレンジとしても素敵です。ぜひ作ってみて下さい♪ #折り紙 #折り方 #リボン

2018.3.13

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.13 / 作成:2018.3.9

【材料】

・折り紙(お好みで柄など)

①半分に折り、折りすじを付ける

半分に折り、画像のような折りすじを付けます。

②中心線に合わせて折る

中心線に合わせて、上下を折ります。

さらに折り合わせます。

③半分に折り、袋を内側に折り込む

半分に折ります。

角と角を合わせて、中心に軽く折りすじを付けます。

中心に作った折りすじを目安に、左右の角を折ります。

三角になった袋を開き、爪楊枝のある折りすじを谷折りにしながら、袋を内側に折り込みます。

左も同様に仕上げます。

④リボンの中心部分を作る

上の角を下方向に倒し、画像のような折りすじを付けます。

折り紙をめくり、中心にある折りたたんだ部分に合わせ、上方向に折り上げます。

裏も同様に折ります。

上下逆にし、角を中心側に折ります。左も同様に折ります。

※④で折ったときの中心が内側に見えるので、目安にするといいですよ♪

裏も同様に折ります。

⑤袋をつぶすように、折り上げる

折り紙をめくり、両端を指でつまんだら、ゆっくりと開きながら中心の袋を開いていきます。

少しふくらんだ袋をつぶすように、ゆっくりと折り上げます。蝶ネクタイのように仕上下たい時は、ここで完成でもOK。

⑥リボンの下の部分を作る

裏に返し、重なりのある部分を上側にします。

ゆっくりと開いていきます。

お好みの角度まで開いたら、折り上げます。左も同様に折ります。

⑦完成です☆

折り紙の「リボン」が完成しました。平面タイプですが、下に垂れるリボンがあることで、やや立体的に仕上がります。

可愛く仕上げたい時は♡

角を軽く折り、リボンの角を取ります。こうすることで、全体の印象がやわらかくなります。
角を大きめに折りたい時は、⑥で下に開いて折る面積を小さくして、表側と裏の重なり部分(=リボンの下の角になる場所)を大きくするのがコツ。下に垂れる部分は控えめになりますが、リボンの角を大きめに折れるので、より可愛いく仕上がりますよ♪

ポイント

今回のポイントは、⑤の「袋を(風船状に)開き、つぶすように折り上げる」です。コツは、袋が破けないように注意しながら最後まで開き切り、力をいれすぎないようにして、トントンと指の先でゆっくり袋をつぶしていくことです。一度にやろうと一気につぶしてしまうと、袋を開き切る前に袋がつぶれてしまい、きれいな四角になりにくいことがあります。ゆっくりやれば大丈夫なので、丁寧に形を整えて下さいね。
今回のような「リボン」は、ちょっとむずかしめ。このような折り方は、お子さんの「最後までやりぬく力」を育てたり、子どもに限らず大人でも「達成感」を味わうことができる折り方です。実は、いろいろな効果をもたらす「折り紙遊び」。お子さんのいる方も、大人女子の方も、ぜひチャレンジしてみて下さいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。