更新:2018.2.6 作成:2018.2.5

折り紙を楽しもう♪「箱」のカンタンな作り方

今回は、折り紙を使って、カンタンに出来る「箱」を作っていきます。意外と使えるシンプルな折り紙の箱。100円ショップでも人気の「デザインペーパー」を使えば、さらにオシャレに。基本をマスターして、インテリアにも使える「大人の折り紙」を愉しんでみませんか?
❤︎ お気に入り
目次
  1. 【材料】
  2. ①半分に折り、十字の線をつける
  3. ②角を内側に折る
  4. ③中心に合わせて、内側に折る
  5. ④開いて、上下を折る
  6. ⑤側面を折る
  7. ⑥完成です☆
  8. ポイント

【材料】

・折り紙(お好みで柄などでも)

①半分に折り、十字の線をつける

まず折り紙を「長方形の形になるように」半分に折ります。そのあと一旦開き、同様に折って十字の折りすじをつけます。

②角を内側に折る

十字の線にあわせて、角を内側に折ります。

③中心に合わせて、内側に折る

45度回転させ、中心に合わせて上下を内側に折ります。

一旦開き、同様に中心に合わせて上下を折ります。

折りすじができました。

④開いて、上下を折る

左右を開きます。

上下を内側に折ります。

⑤側面を折る

一旦開き、今度は(爪楊枝のある)斜めの線を内側に折り込むようにして、側面を仕上げていきます。

両側を内側に折り込みます。

折りすじに沿って、向こう側の角を内側に折り込みます。

反対側も同様に行います。

⑥完成です☆

シンプルな折り紙の箱の完成です。こちらは、大きさを少し変えて2つ作って合わせれば、ふた付きの箱に。画用紙で作れば、より丈夫な箱に仕上がります。100円ショップのおしゃれな「デザインペーパー」で作れば、ちょっとしたプレゼント用としても活用できます。

ポイント

今回のポイントは、「側面の折り込み方」です。最後の仕上げで内側に角を折り込んでいく前に、(爪楊枝のある)斜めの線と、立体になった時の仕上がり線をもう一度折っておくと◎。ひと手間ですが、角がしっかり出て、仕上がりがキレイですよ♪
簡単にできる「折り紙の箱」。オシャレな柄でたくさん作ってディスプレイしてみたり、お子さんのおやつボックスなど、活用法もいろいろ。ぜひ楽しんで下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!