更新:2017.12.16 作成:2017.12.13

【作り方】毛糸で作るほっこりかわいい動物ぽんぽん

trikotriの著書「動物ぽんぽん」をご存知ですか?動物ぽんぽんとはニット帽などの先についている毛糸玉の飾りを動物の形に変えたものです。そんな大人気の動物ぽんぽんの中からクマの作り方を紹介します◎
❤︎ お気に入り
目次
  1. ▼材料・道具
  2. ▼作り方
  3. ▼完成

▼材料・道具

材料

・毛糸A(クマのメインの色にしたいものを選んでくださいね)
・毛糸B(鼻回り用)
・毛糸C(鼻と耳の模様用)
・羊毛フェルト(毛糸Aと同色)
・さし目(6ミリサイズ)
・タコ糸(40センチ)

道具

・ポンポンメーカー(8センチサイズ)
・ニードル
・羊毛フェルト用マット
・ペットボトルのふた
・つまようじ
・ボンド

▼作り方

1.毛糸Aを巻き付ける

巻き始めは糸端を抑え同じところに2~3回ほど巻き、そこから糸が均等になるように巻き付けていきます。
ここでアームに100回ほど巻きます。
このようにアームの下側に対して毛糸が平行になるまで巻き付けるようにしましょう!
巻き数を数えている途中にわからなくなってしまっても巻き上がりがこの写真ぐらいになれば大丈夫です◎


巻き終わりの処理の仕方
巻き終えたら糸を10センチほど残して切り、写真のように巻いた毛糸と端糸の間に指を挟めます。
先ほど挟んだ指の部分に端糸を入れて、引っ張れば巻き終わりの処理は完了です。

2.反対アームに毛糸A.B.Cを巻き付ける

端に毛糸Cを5回巻き付け、そのすぐ隣に毛糸Bを10回巻き付けます。
それぞれ巻き終わりの処理もしてくださいね◎

BとCが巻き終わったらその上から毛糸Aをまた100回ほど巻きます。
巻き終わるとこのようになります。

3.ポンポンメーカーの真ん中をカット

巻き付けた毛糸をカットしていきます。
このとき意外と毛糸の厚みがあり、切りにくいので裁断用のハサミや小さめのハサミがあると切りやすくなります。

4.タコ糸で結び留める

アームとアームの隙間にタコ糸を入れて強く結び、反対側でももう一度結びます。
2回目を結ぶときに鼻回りの色がついているアーム側(写真:茶色の丸)と逆側になるように結んでください。(写真:水色の丸のあたりに結び目がくるように)

こうするとぽんぽんの形を整えるときに、タコ糸を持って作業ができるのでやりやすくなります。

5.タコ糸の結び目を補強する

アームを外すと写真のようにぽんぽんが出来上がります。
タコ糸の結び目につまようじを使ってボンドをつけましょう。
ボンドをつけることで結び目がしっかりと固定され、ほどけなくなります。

6.鼻回りの形を整える

結び目の補強が終わったら、このようにタコ糸を持ちながら形を整える作業に入ります。
まず鼻回りを整えましょう。鼻は高く残しておきたいので、ペットボトルのふたを当てその周りをカット。こうすることで綺麗に鼻回りを作ることが出来ます。

大体の鼻回りのカットが終わったらペットボトルのふたを外し、さらに形を整えるようにカットします。左、右、下、上と様々な角度からカットしていきましょう。
 

7.顔全体を整える

頭や頬のあたりなども長さを揃えていきます。
正面からみるとこのような形になるようにします。
横から見るとこんな感じです。
前側は額と顎を短めにカットし、後ろは平に近くなるようにカットします。

平らにせず丸いままでも構いませんが、動物ぽんぽんをブローチなどに加工したい場合は平にしたほうが加工しやすくなります◎

8.耳を作る

羊毛フェルトを約横2センチ縦2.5センチくらいの丸になるように刺し固めます。
大体形ができたら毛糸Cを使って耳の中の模様を作ります。
毛糸はほぐしてからニードルで刺し込んでいきます。
この時、毛糸Cは約3センチほどに切ったものを1つの耳に対して2本使います。

9.クマの本体に耳をつける

出来た耳をフェルトマットからそっと外し、クマ本体にニードルで刺しながらつけていきます。
このとき耳の根元を本体に刺し込むようにするとすぐに固定されます。

10.口の模様を入れる

毛糸Cを1センチほどに切り、ニードルで刺しながら口の模様を入れていきます。

11.さし目をつける

さし目にボンドをつけ、本体にしっかりと差し込んで固定させます。

これで動物ぽんぽんのクマが完成です✩

▼完成

毛糸でほんわか✩寒い冬にぴったりの動物ぽんぽんいかがでしたか?
手の平にちょこんと乗る姿もとってもキュートですよね。

出来上がったクマぽんぽんにリボンをつけて、ブローチ加工をしてみました。
このように加工するときは作り方の7でも説明したように後頭部を平にしておくとフェルトを貼り付けやすいです。

顔の形を整えるのが少し難しいですが、カッティングの仕方で様々な表情をみせてくれるのも動物ぽんぽんの楽しさのひとつ◎

カッティングのポイント
・思い切って長さを切っていくこと
・参考になる写真を見ながら切ること
この2点!切ってしまうともとには戻せないですが、意外と勢いよく切っても大丈夫。
糸が短くなってくるとぽんぽんの表面は密度が高く見え、しっかりとした見栄えになってきますよ。

ちなみに形を整え終わるまでに切った毛糸の量↓
このくらいは最終的に切ってしまいます。ここは、トリマーさんになったつもりでカットしていきましょう!(笑)

何度か繰り返し作っているとコツも掴めるので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてくださいね✩
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • roco.

    はじめまして。roco.と申します* UVレジンやフェイクスイーツなどハンドメイドが趣味です。インテリア...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!