【作り方】可愛すぎる◎フェイクスイーツマカロンのレシピ♪

ハンドメイドに取り組む方が増えている最近。その中でもとても可愛らしく人気上昇中の'フェイクスイーツ'♪でもなんだから難しそう…。いえいえ、そんなことはありません!まずは簡単なモチーフ「マカロン」でフェイクスイーツの世界に入り込んでみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.12.6 作成:2017.12.6

目次
  1. フェイクスイーツとは?
  2. 準備するもの
  3. 作り方
  4. 完成
  5. デコレーション
  6. まとめ

フェイクスイーツとは?



フェイクスイーツとはお菓子をモチーフとした手芸・クラフトの総称です。


お洋服や小物の柄や文具のプリントデザインによく使われていたスイーツ柄ですが、それが3Dになりストラップやアクセサリーに進化したのが始まりと言われています。


また、食べ物に似せて作られているもので食品サンプルもありますが、フェイクスイーツとの違いってなんだと思いますか?


それは

いかに可愛らしさを表現できているか

これが食品サンプルとの大きな違いです!!


求められているものはリアルさだけではないんです◎


たしかに、とっても綺麗or可愛いデザインのスイーツって「食べるのもったいないな…取っておきたいな…」と思うことありますよね。

それが叶うのがフェイクスイーツ。

さらに、お菓子が嫌いという方がほとんどいないことも世代を問わず注目されている理由です♪



そんなフェイクスイーツの中でも今回は樹脂粘土を使った

マカロンモチーフのレシピを紹介します。
 

準備するもの


まずは、準備するものから。

手軽に揃えることができるものばかりです♪


◎樹脂粘土(写真中央)
 今回はダイソーさんから出ているPolymer Clayという樹脂粘土を使いました。
 こちらは元から粘土に色がついている為着色の必要がないのがとても便利です!

◎プレス板(写真左側)
 粘土を均等につぶす際に使う道具です。
 写真は専用のものですが、厚みのある本やCDケースでも代用することが出来ます。

◎粘土板orカッティングマット(写真右側)
 粘土を扱う際にこのような板の上で作業をすると机の汚れなどを気にすることがありません。

◎デザインナイフorカッターナイフ(写真右側)
 100円ショップで購入したものを使っています♪
 細かい作業をするときに使えるので、1本あると便利ですよ。

◎つまようじ(写真右側)
 マカロンのひだ部分を作るときに使います。

◎クッキングペーパー(写真上)
 粘土がくっついてしまわないように粘土板やマットの上にはペーパーを敷いて作業しましょう。


まず、これらが準備できたら簡単なフェイクスイーツにチェレンジ出来ます。


アクセサリーやキーホルダーにしたい…というときはそれぞれ別途金具が必要になります。
金具も100円ショップにたくさん置いてありますので、気軽に手に入れられます♪

 

作り方

1.樹脂粘土を適量取り出す


作りたいマカロンの大きさにもよりますが、適量粘土を取り出します。


取り出した粘土を2つに分け、写真のように丸く整えます。


きちんと質量を合わせたい…!

そんなときは軽量スプーンで量って取り出すと全く同じサイズになります♪


写真を参考にしてください↓↓
 
この写真では小さじ1/2の計量スプーンで量りました。
(大体直径2.5~3.0センチほどのマカロンが出来ます。)


マカロンの直径を大きくしたい場合は分量を多くしてくださいね!
 

2.丸くした粘土を少しつぶす

プレス板を使って丸く整えた粘土を少しつぶしてあげます。

このとき厚さは約0.8ミリほどにしてください。


 

3.側面に切り込みをつける


デザインナイフやカッターナイフを使って先ほどつぶした粘土の側面下部に切り込みを入れます。

写真のように薄くでOK

ポイントは側面の半分のラインよりも下に入れること。

ここがマカロンのあの可愛らしいピエに変身します!

4.ピエはつまようじで!


切り込みを入れた部分を境目としてつまようじで粘土の下のあたりを掻き出していきます。

まずは手前に引くように粘土を引っ張り出し、この作業を1周しましょう。

1周したら今度は掻き出した粘土を少しずつ奥に戻していきます。

写真のようにつまようじで所々押し込んでいくようなイメージです。

この作業をすることで掻き出しすぎた粘土を整えることができ、きれいなピエになります♪

これでかなりマカロンぽくなってきましたね!

丸めておいたもう1つの粘土も同じようにピエを作ってください。
 

5.ピエができた粘土を張り合わせ


ピエを作った2つの粘土を張り合わせると…


かわいらしいマカロンの完成です♪


 

貼り合わせてマカロンの形になったら上からプレス板ですこしつぶしたり、側面を指で均したりしましょう。


 

完成



形を整えたらマカロンは出来上がり…!

ですが、樹脂粘土はここから乾燥をしなければなりません!


約3日~5日はかかるので
乾かしている間はそっとしておいてくださいね。



乾燥が終わったら無事
完成です◎


 

◎いろんなカラーで



作り方は同様。

サイズと色を変えていくつか作ってみました。


何個か作って、置いておくだけでもとってもかわいいですよね♪


 

デコレーション

出来上がったマカロンをタワー状にしてキーホルダーにしてみました◎


デコに使ったホイップもダイソーさんのものです。




デコ・加工バリエーション

パステルマカロンをヘアアクセサリーに♪

パッチンピンはお子様のプレゼントなどでも喜ばるアイテムです。

また、定番の丸型だけでなくハートのマカロンもとても可愛らしい!

慣れてきたら様々ば形のデザインにチャレンジするのもオススメですよ。
うさぎとくま型のマカロン。

何とも言えないゆる~い表情が可愛さを引き立てています◎

本物のお菓子みたいに顔を書くデコレーションを施してみても、違った雰囲気のマカロンが出来て良いですね。

マカロンにホイップデコレーションとクリップでメモスタンドに加工♪

デスク周りに置いたら一気に可愛らしいコーナーになります。

リビングや玄関など、実用性の高いアイテムですね◎

 

まとめ


見ていて楽しい、可愛いフェイクスイーツいかがでしたか?

最近は100円ショップでも材料を購入できるようになったのでチャレンジしやすいクラフトのひとつです。


ぜひ今回紹介したマカロンモチーフを作ってみて、フェイクスイーツの世界に入り込んでみてくださいね◎

 
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • roco.

    はじめまして。 roco.です* UVレジンやフェイクスイーツなどハンドメイドが趣味です。インテリア小物...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事