インスタ映えも♡透明感がキレイなハーバリウムの作り方

今回は、オシャレなインテリア雑貨店等で見かけるハーバリウムを、専用オイルを使って作っていきます。専用オイルを使えば、キレイも長持ち♡写真映えもするので、たくさん作って楽しみたくなりますよ♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.11 作成:2017.11.11

目次
  1. 【材料・道具】
  2. 作る前に。
  3. ①花材をカットする
  4. ②瓶に花材を入れる
  5. ③オイルを注ぐ
  6. ④蓋をしっかり閉める
  7. ⑤完成です☆
  8. ポイント

【材料・道具】

材料

  • プリザーブドフラワー(ユーカリ)
  • プリザーブドフラワー(カスミソウ)
  • ドライフラワー(パインコーン)
  • ハーバリウム専用液
  • 蓋つき瓶(蓋ともに殺菌後、完全乾燥したもの。今回はハーバリウム専用200mlを使用)

道具

  • ピンセット
  • 長めの竹串(長めのピンセットがない場合)
  • はさみ(あれば花ばさみ等がおススメ)
  • 注ぎ口付きの容器(注ぎ口のない専用オイルを使用の場合。殺菌後完全乾燥させたもの)

作る前に。

ハーバリウム作りはとてもカンタン♪

①瓶を殺菌後、しっかり乾燥させる
②ドライフラワー・プリザーブドフラワーを瓶の中に入れる
③専用オイルを注いで、しっかりと蓋を閉める

この3ステップで出来てしまいます。
ですが、安全に作り長持ちさせるには注意点があります。楽しく作るためにも、以下のことに気を付けて作りましょう♪

【注意点】
①瓶は『完全に乾燥させたもの』を使用する
②ドライフラワー・プリザーブドフラワーを使用する
③専用オイルを使うのがおススメ

①②→(①は殺菌しても、)水分が残っているとカビや藻が発生する原因になります。完全に乾燥させたものを使いましょう。
③→オイルは引火性があります。安全に使用するために、必ず説明書を読みましょう。今回は引火点262℃の、専用オイルを使用していますが、このオイルにも「可燃性の液体」「飲用不可」「航空輸送不可」等の安全上の注意もあります。他にも、キレイに仕上げるための注意事項があります。専用オイルなので、きちんと守って作れば、安全に長く楽しむことが出来ますよ♪

①花材をカットする

花材をカットします。長いものは瓶の高さに合わせてカットしましょう。はさみは、あれば花ばさみでカットするのがおススメ。

②瓶に花材を入れる

長さのある花材は短いものから入れる

殺菌し完全乾燥させた瓶に、花材を入れます。長さがある花材は、短いものから入れていきましょう。

浮きやすいものは、「かさ」のあるものと組み合わせて

オレンジのパインコーンは浮きやすいため、カスミ草を入れながら浮かないように調整します。バランスを見ながら入れていきましょう。

好みの高さまで入れ、仕上げる

バランスを見ながらピンセットや、長い竹串などで好みの位置になるように調整します。

③オイルを注ぐ

注ぎ口がない場合は、注ぎ口のある容器に移す

注ぎ口のないオイルの場合、殺菌後の完全に乾燥させた容器等に小分けします。

※1
使用後の容器は、オイルをキッチンペーパーなどでふき取り、その後洗浄しましょう。(オイルは他と同様、下水道に流してはいけないので注意。)

※2
注ぎ口の付いたペットボトル状のものも売られているので、そちらもおススメ。便利ですよ♪

オイルを注ぐ

瓶を斜めに傾けて、瓶肌に沿わせながら静かに注ぎます。

※1
オイルを注ぐのはねじの下まで。熱膨張により体積が増え、オイルが漏れてしまう場合があるので、空気を残すようにしましょう。

※2
注いだ後は花材からも気泡が出ます。しばらく待ってからキャップを閉めましょう。花材がオイルを吸収し、ボトル内が真空状態になることがあります。廃棄する場合に、開栓できなくなることがあるので注意しましょう。

④蓋をしっかり閉める

蓋をしっかり閉めます。液漏れの原因になるので、しっかり栓をしましょう。


液漏れが心配だからと、接着剤を使った密栓はお勧めしません。廃棄する場合に、分別することが出来ません。(例:オイル→可燃ゴミ等。廃棄方法についてはオイルの説明書、分別に関しては、お住まいの自治体の区分に従って下さい。)

⑤完成です☆

薔薇のようなパインコーンが大人の雰囲気の、ハーバリウムが完成しました。ブルックリンスタイル等の、男前インテリアとも相性の良い色合いに仕上げてみました。アレンジとして、英字新聞風のデザインペーバーをビンに貼り、口に紐を結んでみました。甘過ぎない女性らしさが、大人のインテリアに似合いそうです。簡単に出来るので、インテリアに合わせて作ると楽しいですよ♪

ポイント

今回のポイントは、「きれいに楽しく作るために、注意事項を守る」です。せっかくハーバリウムを作ったのに、時間が経ったら残念な事に…。と後悔しないためにも、注意事項を守って作ることが大切です。そうすれば、自分で作った素敵な作品を長く楽しむことが出来ますよ。作り方はとてもシンプルなので、アレンジ次第でいろいろ作れます。簡単なので、是非作って長く楽しんで下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事