【100均】秋の夜長にチャレンジ!V字模様のミサンガの作り方

今回は、100均の材料を使って、V字模様に編むミサンガを作っていきます。細かい編み目のV字模様。編み方が複雑そうだから私には無理。そんな風に諦めたことはありませんか?実は、こちらも2パターンを繰り返すだけの、意外にシンプルな作り方。コツさえ覚えれば、オリジナルも楽しめますよ♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年10月8日更新

目次
  1. 【材料・道具】
  2. ①紐をカットする
  3. ②編む準備をする
  4. ③V字模様を編む
  5. ④2段目以降も同様に編んでいく
  6. ⑤編み終わりは、先端を結べるように残す
  7. ⑥先端の処理をする
  8. ⑦完成です☆
  9. ポイント

【材料・道具】

材料

  • ジュートヤーン(ルビー)1玉
  • ジュートヤーン(マスタード))1玉
  • ジュートヤーン(ブルー)1玉
  • ジュートヤーン(ホワイト)1玉

道具

  • はさみ
  • マスキングテープ
  • 洗濯ばさみなど

①紐をカットする

紐を1mにカットします。4色2本ずつ用意します。

②編む準備をする

①先端をお好みで5㎝~10㎝程度残し、紐を結びます。 
②結んだら、紐の先端を、画像のようにマスキングテープで固定するか、洗濯ばさみなどを使い、先端をはさんで紐を固定させた状態にし、V字模様を編む準備をします。
※今回は、しっかりと紐を引き締める場面が多く出てくるため、洗濯ばさみなどで紐を固定させる方をお勧めします。
③左右端からの紐を並べる順番で、出来上がりの模様に仕上がっていきます。
※この作品は「赤→黄色→白→青」の順で模様が編み上がっていきます。

③V字模様を編む

ここでのポイント

ここから、V字模様を編んでいきます。この編み方は、左右それぞれに”巻き付けていく紐”と”芯になる紐”があります。巻き付けていく紐を、芯になる紐に「”の”の字にする」「”逆の”の字にする」の2つのパターンで編むことで、V字模様が出来ていきます。左右で、どちらの”の”の字にするかを覚えてしまえば、あとはカンタンですよ♪

1・右側4本を編む

巻き付ける紐は右端にあった赤の紐です。2番目の黄色の紐を使い、逆4の字を画像のように作ります。

2.赤の紐の先端を通す

赤の紐を画像のように通していきます。

3.”の”の字を作る

そのまま少しずつ紐を引き締めていくと、画像のように”の”の字を描くように紐が通ります。

4.左上に紐を引き締める

そのまま左上に紐を引き上げていきます。

5.しっかりと紐を引き締める

奥まで引き締めると、結び目が出来上がりました。

6.もう一度1~3の工程を繰り返し、”の”の字を作る

1~3の工程を繰り返し“の”の字を作ったら、左上に紐を引き上げます。

7.しっかりと奥まで紐を引き締める

さらに結び目が出来ました。これを右側の4本目が終わるまで繰り返します。

続きはこちら♪

ここまでは編めたけれど、次の紐の編み方がまだ不安。そんな時はこちらへ。画像を見ながら、さらに進めてみましょう♪

覚えてカンタン♪その①

赤が巻き付ける紐です。芯になる白い紐に巻き付けながら“の”の字を作ります。その後、もう一度同じ工程でのの字を作り、紐を引き締めます。その①は「巻き紐で“の”の字を作って引き締める、を2回行う」と覚えるといいですよ♪

次の紐も同様に編んでいきます。

8.右側4本が編めました

次に左側を編んでいきます。

9.左側を編む

次に左側を編んでいきます。巻き紐は同じく赤の紐です。今度は右側と反対の「4の字」を作ります。

10.紐の先端を通していく

画像のように紐を通していきます。

11.逆”の”の字を作る

そのままゆっくりと紐をひいていくと、逆“の”の字になります。左側はこの形で紐を巻き付け、繰り返していきます。

12.同様に紐を右上に引き上げる

右側で行ったのと同様に、紐を引き上げます。

13.紐を引き締める

紐を引き締めると結び目が出来上がりました。

14.もう一度逆”の”の字を作る

同様に逆“の”の字を作り、紐を引き締めます。

しっかりと引き締め、2つ目の結び目が出来ました。次の紐も同様に編んでいきます。

覚えてカンタン♪その②

左側は常にこの形で編んでいきます。その②は「巻き紐で逆“の”の字を作って引き締める、を2回行う」と覚えればOKです♪

15.最後に巻き紐を編む

左右が編めました。最後に巻き紐の赤い紐を編んでいきます。

芯になる紐は右側の紐で、巻き紐は左のマスキングテープが付いた紐になります。

16.逆”の”の字を作る

画像のように逆“の”の字を作ります。

17.紐を引き上げる

1回目と同様に、紐を引き上げます。

紐を引き締めます。

もう一度逆“の”の字を作り紐を引き締めます。

一段目の編み終わり

一段目が編み終わりました。

④2段目以降も同様に編んでいく

巻き紐は黄色の紐になります。同様に右側から編んでいきます。

2段目が編み終わりました

このように続けて編んでいきます。

編んでいくとこのようになります

このようになればOKです♪

⑤編み終わりは、先端を結べるように残す

先端は結んで処理をするので、お好みで5~10㎝程残し、最後まで編んでいきます。

⑥先端の処理をする

先端を結び、結んだ場所から【編み始めに残した長さに揃えて】紐の先端を揃えてカットします。

⑦完成です☆

V字模様のミサンガが完成しました。今回は赤×黄色×白×青の組み合わせです。赤には「勝負」黄色には「向上」白には「効率」青には「勉強」の意味があります。効率よく勉強して試験などに合格したい、そんな時に、お守りとしても作りたい色の組み合わせにしてみました。今回は紐の本数が多いため、片方の先端を4つ編みにし更に結んであります。もう一方は、4本ずつに分け三つ編みにし、それをレース糸で束ねてあります。その間に四つ編みの結んだ部分を入れれば留め具になる、カンタンアレンジをしてみました。あらかじめ長め(10㎝以上)に先端を残して作り始めると、先端も自由にアレンジ出来て、楽しみもさらに増えますね♪

ポイント

今回のポイントは「V字模様の作り方」です。V字模様も「その①」「その②」を左右で繰り返していくだけなので、覚えてしまえばカンタンです。さらにポイントとしては、紐を引き締める際は、巻き紐を引き上げながら引き締めていく際に、芯になっていた紐をピンと張らせておくこと。これをすることで、作業もしやすくなりきれいに仕上がります。今回はジュートヤーンを使用していますが、通常の刺繡糸など、色が豊富にある紐を使って、色味を考えながら作るとさらにキレイな仕上がりになります。自分だけのオリジナルを見つけて、楽しみながら作ってみて下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事