【100均】これなら作ってみたい!斜め模様編みのミサンガの作り方

今回は、100均材料で気軽に挑戦出来る、斜め模様編みのミサンガを作ります。紐を何本も使った凝った編み方は、かなり難易度も高そう。でも、こちらも実は同じ工程の繰り返しで、初心者さんにも安心の編み方。ゆっくりと作っていけば大丈夫なので、秋の夜長にチャレンジしてみて下さいね♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年10月6日更新

目次
  1. 【材料・道具】
  2. ①紐をカットする
  3. ②斜め模様編みの準備をする
  4. ③斜め模様を編む
  5. ④一段編めたら、好みの長さまで編む
  6. ⑤編み終わりは、先端を結べるように残す
  7. ⑥先端の処理をする
  8. ⑦先端をカットする
  9. ポイント

【材料・道具】

材料

  • ジュートヤーン(ホワイト)1玉
  • ジュートヤーン(ミント)1玉
  • ジュートヤーン(ブルー)1玉

道具

  • はさみ
  • マスキングテープ
  • 洗濯ばさみなど

①紐をカットする

紐を1mにカットします。これを3色2本ずつ用意します。

②斜め模様編みの準備をする

①先端をお好みで5㎝~10㎝程度残し、紐を結びます。
②結んだら、紐の先端を、画像のようにマスキングテープで固定するか、洗濯ばさみなどを使い、先端をはさんで紐を固定させた状態にして準備をします。
※この編み方は、紐をピンと張り引き締める場面が多いので、洗濯ばさみなどでしっかりと固定するほうがやり易いでしょう。

③斜め模様を編む

ここでのポイント

ここから斜め模様を編んでいきます。斜め模様編みのコツは「芯になる紐を意識する」ことです。一番右端にある紐が「芯になる紐」になり、芯にそれぞれの紐を巻き付けていく事で斜め模様が出来上がります。なので、芯は少し引っ張り気味に持ち、編んでいくと結び目がきれいになります。巻き付け方は「”の”の字を描くように芯に巻き付ける」。これさえ覚えれば、繰り返していくだけなので安心して編めますよ♪

1.逆4の字を作る

白い紐が「芯」になる紐です。まず図のように、巻き付ける(青の)紐を芯にして、2本で逆4の字を作ります。

2.「の」の字を作る

画像のように、糸を巻き付けながら「の」の字を作ります。

3.紐を引き締める

しっかりと紐を引き締めます。芯になる紐はピンと張らせながら編んでいくと、きれいに結び目が出来ますよ♪

4.芯になる紐に巻き付けながら「の」の字を作る

芯になる紐に巻き付けながら、画像のように「の」の字を作ります。

5.紐を引き締める

しっかりと紐を引き締めます。

青の紐が編み終わりました

これで青の紐が編み終わりました。後は繰り返し、順番に編んでいきます。

続きを見たい方はこちらへ♪

「の」の字を作って…

引き締めた後に、もう一度「の」の字を作ってから引き締める。画像のように2つの結び目が出来ていればOKですよ♪

同色の場合は注意

同色の場合は、どちらが芯になる紐なのか、分からなくならないように注意しましょう。芯になる紐には他の紐が巻き付いています。迷ったら根元を見れば安心ですよ♡

④一段編めたら、好みの長さまで編む

一段編めました。後は2段目も同じことを繰り返せばOKです。

続きはこちら♪芯になる紐は「青」

一番右端にある紐が「芯」です。なので今度は青の紐に、他の糸を巻き付けていきます。

同じく「の」の字を作って繰り返していきます。

2段目が編み終わりました

この後も引き続き編んでいき、好みの長さまで編んでいきます。

編んでいくとこのようになります

このようになればOKです♪

※今回は、太さに若干の差があるジュートヤーンを使用しています。細い部分と太い部分で差がありますが、ヘンプや刺繡糸等を使用すれば目の大きさが揃います。

⑤編み終わりは、先端を結べるように残す

先端は結んで処理をするので、お好みで5~10㎝程残し、最後まで編んでいきます。

⑥先端の処理をする

先端を結びます。

⑦先端をカットする

結んだ場所から【編み始めに残した長さに揃えて】紐の先端を揃えてカットします。

斜め模様編みのミサンガが完成しました。今回は白×水色×青の組み合わせです。白には「落ち着き」水色には「笑顔」青には「仕事・勉強運」の意味があります。今頑張っている仕事や資格試験などの勉強が上手くいきますように。そんな時に作りたい色の組み合わせにしてみました。今回は、カットした後に先端を三つ編みにしてあります。片方はゴールドのレース糸を使い先端を結んで輪にし、もう片方は三つ編み部分をさらに結んだだけの簡単アレンジです。これだけで留め具になり、着脱がラクになりますよ♪

ポイント

今回のポイントは「斜め模様編みの編み方」です。こちらのコツは「芯になる紐を意識し、”の”の字を作っていく」です。1本の紐に2回巻き付けて結ぶ、これさえ覚えてしまえばあとは繰り返していくだけのなので安心♪時間はかかりますが、完成時には達成感がありますよ☆今回は、編み方を分かりやすくするためジュートヤーンを使用していますが、通常のヘンプや刺繡糸を使っても素敵です。初心者の方にも出来る編み方なので、是非チャレンジしてみて下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事