【100均DIY】今さら聞けないデコパージュの基本特集!

「今更だけど、デコパージュをはじめたい…」そうお考えの方向けに、デコパージュの基本とおすすめアイテムについてまとめました。デコパージュに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2016.12.27 作成:2016.12.27

目次
  1. デコパージュって何?
  2. デコパージュの基本:アイテム編
  3. デコパージュの基本:やり方編
  4. 100均のデコパージュアイテム特集!
  5. まとめ

デコパージュって何?

紙を使った人気のDIY!

デコパージュは、紙を切り貼りして、さまざまなアイテムをおしゃれにリメイクする人気のDIYです。
石鹸や上履き、カバンや木箱などなど、本当にさまざまなアイテムをステキに変身させることができます。
また、専門の知識を必要とせず、低コストではじめられることから、チャレンジしやすいDIYとしても有名です。

デコパージュの基本:アイテム編

デコパージュにはコレが必要!

デコパージュに必要な最低限のアイテムは、ペーパーナプキンなどの薄いペーパーと専用のデコパージュ液。それから筆とハサミに、リメイクしたいアイテム。
これら5つのアイテムさえ揃えれば、デコパージュを行うことができます。

さて、専用のデコパージュ液と聞いて、お値段が気になる方も多いでしょうが、ご安心ください。
デコパージュ専用液は、100円ショップで購入することが可能です。

デコパージュ液はプチプラアイテム!

こちらの写真は、100円ショップ「セリア」で見つけたデコパージュ液です。お値段ももちろん100円(税別)!
デコパージュになくてはならないデコパージュ液は、実はとってもプチプラなアイテムだったのです。

アイテムは100円ショップで揃えるとお得!

また、デコパージュに必要なアイテムは、全て100円ショップで揃えることが可能!
その証拠にこちらの写真をご覧ください。こちらの写真は、100円ショップ「キャンドゥ」に設置されたデコパージュコーナーです。筆、デコパージュ液、デコパージュ専用クラフト用紙、ペーパーナプキンなど、本当になんでも揃っていました!

100円ショップには、この他にも、デコパージュに使える魅惑のアイテムがまだまだ揃っています。記事後半にて、それらのアイテムをご紹介していますので興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

デコパージュの基本:やり方編

まずは凸凹のない水平なアイテムをチョイス

では、デコパージュに必要な道具をチェックしたところで、さっそく作り方を見ていきましょう。

まずは、デコパージュしたいアイテムを選びます。
上履きやカバンなどをチョイスしたい方も多いでしょうが、凸凹の多いアイテムは初心者さんには不向き!最初は凸凹のない平たいアイテムからはじめましょう。
私は、100円ショップで購入した木製のクリップをチョイスしました。

道具を用意

デコパージュしたいアイテムを用意したら、次はデコパージュに必要なアイテムを用意しましょう。必要な道具は以下の通りです。

準備する道具
・デコパージュ液
・ペーパーナプキン
・筆
・小皿
・ハサミ

ちなみに、この写真に写っている道具は、全て100円ショップ「キャンドゥ」で購入してきました。どれも100円(税別)で、とってもお得でしたよ。

ステップ1:ペーパーナプキンを分解

さて、いよいよ作業に取りかかります。
まず最初にすることは、ペーパーナプキンの印刷面を取り外すこと。
これはすんなりできます。

ステップ2:ペーパーナプキンをカット

続いては、剥がしたペーパーナプキンをデコパージュしたいアイテムの大きさに合わせてカットします。
後から調整できますので、ぴったりサイズでなくともOKです。使いたい模様部分をざっくりとカットしてください。

ステップ3:デコパージュ液の用意

次は、デコパージュ液を小皿に出します。

ここでちょっと注意です!
キャンドゥのデコパージュ液は、固まるのがやや早いです。ですので、いきなり大量に小皿に出すことはせず、必要に応じて付け足していくのがいいでしょう。
たくさん出してしまうと、作業中にデコパージュ液がカピカピになりかねませんので、お気をつけください。

ステップ4:デコパージュ液を塗る

デコパージュ液を木製クリップに塗っていきます。タップリ塗りましょう!

ステップ5:ペーパーナプキンを貼り付け

デコパージュ液を塗った木製クリップの上に、ペーパーナプキンを貼ります。泡が入ったり、たるみができたりするので、慎重に行いましょう。
画像では見えにくいですが、かなりたるみができてしまいました。慣れない内は、もう少し大きいアイテムをチョイスした方がよかったかもしれませんね。

ただ、泡やたるみができてしまっても、貼ってすぐであれば訂正が可能です。
解消方法は、泡やたるみを内側から外側に向かって指で丁寧に押していくだけ。簡単ですが、ゴシゴシと乱暴に擦ると破けてしまうので、注意が必要です。

ステップ6:デコパージュ液でコーティング

今度は、貼りつけたペーパーナプキンの上からさらにデコパージュ液を塗って、コーティングします。
デコパージュ液が薄いと、コーティングが弱くなりますので、しっかりと塗ってください。

また、この作業はペーパーナプキンを貼りつけた後、すぐに行ってもOKですが、ペーパーナプキンがはみ出してしまっている場合は、一旦放置して乾かし、はみ出た部分をハサミやカッターでカットして整えましょう。
私は、はみ出た部分は、横に貼り付けてしまいました。

ステップ7:乾燥

コーティングが終わったら、10分以上放置して乾かします。
そして、デコパージュ液がしっかり乾いたら完成です!

コツを掴もう!

はじめは泡が入ったりたるみができたりとアクシデントが続きますが、数をこなしていく内にコツが掴めますので、何度かチャレンジしてみましょう。

100均のデコパージュアイテム特集!

クラフト用ペーパーナプキン

続いては、100円ショップで販売されているデコパージュ用アイテムの数々をご紹介します。
まずは、こちらのクラフト用ペーパーナプキン。

こちらは、100円ショップ「キャンドゥ」の商品です。
マリメッコ風のペーパーもあれば、パッチワーク風のペーパーもあり、さまざまな種類のペーパーナプキンが揃っていました。

小さく見えますが、折りたたまれているだけで、大きさは25cm×25cmもあります。1つにつき、10枚入っていますので、たくさんデコパージュすることができますよ!

普通のペーパーナプキン

100円ショップでは、クラフト用以外に、普通のペーパーナプキンも販売しています。
だいたい食器売り場やカトラリーコーナーに置いてありますが、見つからない場合は、店員さんに聞いてみましょう。

ちなみに、こちらの写真もキャンドゥのペーパーナプキンです。キャンドゥのペーパーナプキンには、なんと「日本製」の商品もあるのですよ。
しかも、サイズは25cm×25cmで、「50枚」入り!クラフト用のペーパーナプキンは、同じ大きさでも10枚入りでしたから、こちらの方がよりお得ですね。
練習用のペーパーナプキンをお探しの方は、こちらをチェックしてみるといいかも!

デコパージュペーパー

デコパージュは、人気の高いDIYですので、最近では専用のペーパーが販売されるようになりました。
それがこちらのデコパージュペーパーです。

50cm×50cmの特大サイズですので、大きなアイテムにもチャレンジできますね。
デコパージュペーパーは、種類も豊富。
段ボールや収納ボックスをデコパージュしたい方は、ぜひ探してみてください。

転写シール

ペーパーナプキンをカットしたりする手間なく、もっと気楽にデコパージュを楽しみたい方は、こちらの転写シールがおすすめです。
ペトッと貼って、擦ればOKですので、ワンポインだけ欲しい方は、ぜひご注目ください。

ちなみに、こちらの写真は100円ショップ「セリア」の商品です。

まとめ

以上、デコパージュの基本についてでした。お役に立てる情報はあったでしょうか?
デコパージュは、最初こそ戸惑いますが、数をこなせばコツを掴むことができますので、焦らずゆっくり経験を摘んでいきましょう!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事