WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【刺繍ノート】ダブルボタンホールステッチでお花のカットワークに挑戦!

カットワーク刺繍とは、刺繍をした生地をカットして模様を表現する方法です。白いハンカチやブラウスにレースのような上品な模様をあらわすこともできます。ダブルボタンホールステッチを使って、お花のカットワーク刺繍をしてみましょう #刺繍 #ステッチ

2018.6.28

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.28 / 作成:2018.6.28

カットワーク刺繍とは?

カットワークとは、生地をハサミなどでカットして模様を作り出す手芸方法です。カットワーク刺繍とはそこに刺繍をプラスすること。アウトラインなどを刺繍したあと、ハサミで切り抜くと透け模様があらわれます。

カットワーク刺繍には、おもにふちどりに使われるスカラップステッチ切り抜きモチーフを作るダブルボタンホールステッチアイレットステッチなどがあります。

さらに繊細なモチーフを表現するときには、アウトラインステッチや芯入りサテンステッチなど多彩なステッチを組み合わせます。

カットワーク刺繍は、ヨーロッパのアンティーク刺繍などによくみられる技法で、一針一針手しごとで作られたテーブルクロスやナイティなどは息をのむような美しさです。

この記事では、ダブルボタンホールステッチを用いて、簡単なお花のモチーフを施していきます。

お花のカットワーク刺繍に必要な材料

生地

コットンやコットンリネンなど、目の詰まった生地を準備しましょう。この記事ではコットン100%の白い生地を使っています。生地は刺繍する前にアイロンできれいに整えておきましょう。

刺繍糸

刺繍糸にはさまざまなブランドがあります。有名なのは、アンカー、DMC、オリンパス、コスモです。また、100円均一ショップにも刺繍糸が販売されています。それぞれのメーカーによって、糸の雰囲気が異なりますので、使い比べて自分の好みの糸を見つけましょう。

また刺繍糸は、リネンやコットン、ウールなどの材質と太さの番手があります。通常、カットワーク刺繍にはコットンの25番刺繍糸を使います。 

この記事では、DMCの25番刺繍糸のBLANCを使っています。ちなみにDMC刺繍糸の白色には、B5200、BLANCがあります。同じ白色といっても微妙にカラーが異なるので、生地の色と合わせて選びましょう。

刺繍針

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • Yukari.S

    いちから創ることが大好きです。畑を耕し野菜を育てながら、こども服を作ったり刺繍や編み物を楽しんで...