WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

プラバン&スワロフスキーで作るこだわりのヘアゴム

ストーンはスワロフスキー社のものを使います。
その他、材料は全て100均で揃えられるものばかりです。
プラバンベースをより華やかにみせてくれます。
貼り方のポイントもUPしています!! #スワロフスキー #プラバン #ヘアゴム

saya05
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.8 / 作成:2018.5.31

材料・道具

・ストーンを入れるトレイ(何でもOK)
・ピンセット(真っ直ぐのものや、先が曲がっているもの。真っ直ぐのは、100均で売っています。)
・台座付きゴム(100均)
・プラバン(今回は白、100均)画像は出来上がりをUP
・竹串(爪楊枝でもOK)
・クッキングシート(プラバン作った時の使いまわし)
 
・接着剤
セメダインスーパーX
セメダインスーパーX2

この2つの違いは、硬化速度です。
その他、性質はほぼ同等です。
貼り合わせ可能時間が少し違います。
23度での硬化時間です。

スーパーX→11分
スーパーX2→7分

今回はスーパーXを使用しました。
貼る範囲が少なく慣れてきたら、貼り合わせ可能時間が短いのを使うといいです。

最初は100均の接着剤を使おうと思っていたんですが、臭いがシンナーみたいでヤバかったので辞めました。
セメダインスーパーXは臭いは優しいです。
 
・好きな色のストーン
今回はスワロフスキー社のストーンを使います。
人に依って使う量は変わると思いますが、今回のサイズで作った場合の量を載せておきます。

・コバルト
ss5→3個
ss9→12個
ss12→37個
ss16→1個

・ホワイトオパール
ss5→8個
ss7→8個
ss9→7個
ss12→52個
ss16→1個

作り方

①プラバンのデザインを決める

今回は五角形にしてみました。
出来上がりのサイズの4倍位の大きさでデザインします。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • saya05

    何でも作るのが好きです。ROCKなモノが特に好きです。 人が作れるモノは自分も作れると思ってしまいま...

    フォローする