WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

カラダもココロもぽっかぽか♪冷えとりの基本、教えます!

本格的な冬がやってきましたね。寒い冬を乗り越えるためにも、冷えとりをして、体の中から暖まってみませんか? #健康 #冷え性

daichigon
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.27 / 作成:2017.12.22

冷えとりって何?

ひと昔前は、「冷えとり?なにそれ?」という感じでしたが、最近は、渡辺満里奈さんや、ベッキーさんなど、芸能人の方が冷えとりをしていると公言していたりして、世間に広まり、受け入れられるようになってきました。

「冷え」を「とる」というからには、冷え性を解消するためのものかな?と思ってしまいますが、厳密に言うとちょっと違います。

では、どんなものなのでしょうか。

上半身と足元で、温度が違う!

熱を測ると、36度前後ですね。
このとき、足の温度は、31度前後の人がほとんどです。

冷え取りでは、この、上半身と下半身の温度差のことを、「冷え」と呼んでいます。
この温度差をなくすために、足を暖めて、頭を涼しくして、「頭寒足熱」の状態にするのが、「冷えとり」です。

でも、寒い!と感じたときに、どうやって寒さ対策をしますか?
寒い寒いと言いながら上着を着込むのに、足元は裸足でパンプス、なんて人もいますよね。
これが、冷えとりではNGなんです。

どうやって温めるの?

基本は半身浴!

37〜38度ぐらいの、ぬるめのお湯に入ります。
ポイントは、腕をお湯に入れないことです。
腕は上半身なので、腕まで温めてしまうと、頭寒足熱になりません。

時間は、30分以上が理想です。
ぬるめのお風呂で長時間半身浴をすると、芯から温まりますよ!

お風呂のフタの上にタオルを置いて、本を乗せて読んだり、防水加工の音楽プレーヤーを持ち込んだり…。
長い時間を快適に過ごせるように、工夫してみてくださいね。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • daichigon

    2児の母です。 子育ての合間にハンドメイドを楽しんでいます。

    フォローする