WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

鍋や鉄板などの焦げを簡単に取り除く方法まとめ

disable
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2017年12月3日更新

 いつもは廃棄するだけの「卵の殻」も活用できるそうです!

まずは、鍋に水を注ぎしばらく火にかけ焦げが柔らかくします。後は、細かく砕いた卵の殻入れてスポンジなどでこすり落とすだけでOK。研磨効果がアップするというわけですね!

優しく落とせるので、特に傷が入りやすい、土鍋やテフロン加工といった鍋にも最適では♪

リンゴを食べたついでに取る方法

捨ててしまうだけの林檎の皮を活用!

焦げた鍋に、リンゴ1個分の皮をお湯で10分程度煮立たせ、冷めてからスポンジでこするだけでOKだそうです。更に酢を少し加えると効果が上がるそう!

また、林檎の皮や芯は、「アルミ鍋の黒ずみ」にも有効だそうですよ♡

玉ねぎの皮で落とす方法

出汁を取る以外では、捨ててしまう事がほとんどの玉ねぎの「茶色い皮」の部分!

この玉ねぎの皮をお湯で煮立たせると、お湯が茶色になってきます。更に沸騰させ焦げた部分が柔らかくふやかえてきたところでヘラなどを使い、軽く擦れば落ちていくそうですよ◎

使用頻度の高い玉ねぎなら、手軽なのでスグに試せそうですね!

フッ素加工やステンレス製の鍋が焦げたら?

フッ素加工の場合は水と片栗粉

あなたにおすすめ

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る