WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

知らなった!アロマオイルに使用期限があるの?古いオイルの使い方4選も

#アロマオイル #使用期限

othello
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年2月27日更新

インテリアや美容のためにアロマオイルを取り入れている方も多いのではないでしょうか。実はアロマオイルには使用期限があります。使用期限の切れたアロマオイルは香りが変わってしまったり、品質が劣化していきます。そこで今回はアロマオイルの使用期限と、古いオイルの活用法について勉強していきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

①アロマオイルの使用期限

アロマオイルの使用期限は未開封の場合、約3年といわれています。また一度開封したアロマオイルはだいたい1年を目安に使い切ることがオススメです。

アロマオイルの品質が悪くなる一番の原因は「酸化」です。オイルは酸素に触れることでどんどん劣化していきます。嫌な臭いがした場合は、アロマオイルの酸化が進んでますよ。オイルの種類によって多少使用期限は異なります。レモンやオレンジなどの柑橘系のオイルは酸化が早いので、開封から約半年が使用期限です。

②時間が経つほど質が良くなる種類もある

アロマオイルの使用期限には例外もあり、時間が経つほど質の良いオイルになる種類もあります。

サンダルウッド
気持ちを落ち着かせたいときにピッタリのオイル。お線香などの仏具にも使われており、日本人になじみのある香りです。

パチュリ
甘い香りが特徴で、SABONの商品でもよく使用されています。こちらも気持ちを落ち着けたいときなどにおすすめのオイルです。

ミルラ
スキンケアにもよく使われており、甘くスパイシーな香りが特徴的です。

ベチバー
スモーキーな香りで、高いリラックス効果が期待できます。

③古くなったアロマオイルの特徴

使用期限が分かったところで、続いてはアロマオイルの質の見極め方の一つとして「香り」をチェックするようにしましょう。
 
  • 開封時と香りが変わった
  • 香りをあまり感じなくなった
  • アロマオイルがドロっとしてきた(粘度が増した)

このような状態になったときには、アロマオイルが古くなった証拠です。古くなったアロマオイルはお肌への使用を避けるようにしましょう。

④古くなったアロマオイルの活用法

古くなったアロマオイルは息を吹き返して、再度活用することができちゃうんです。代表的な活用方法として、3つご紹介します。

アロマディフューザー
オイルと無水エタノールを使用します。1:10の割合で小瓶に入れ、100均でも売っているウッドスティックをさせば完成です。

お風呂に入れる
湯船に数滴たらすだけで、浴室に良い香りが広がります。お風呂でさらにリラックス効果が欲しいなんて方におすすめです。

ゴミ箱の虫よけに
柑橘系のオイルは特に虫よけの効果が期待できます。ゴミ箱に直接数滴たらすだけでOKですよ!

古くなっても捨てる必要はありません。これらの方法を参考にして、ぜひ試してみてくださいね。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る