WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

思わず共感!先輩ママが子育てでイライラした経験とは

#子育て #イライラ

はむ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年9月18日更新

エピソード2「自分の時間がなくてイライラ」

次にイライラのエピソードとして多いのが「自分の時間がない」エピソードです。

自分の時間がない

独身時代は自分の時間があることが当たり前でした。
しかし、子育てにおいては自分の時間は一切ありません。産後は新生児のお世話で常に時間が取られるので、自分の時間は皆無。少し子どもが成長した幼児期においても、子どもが目を離すと何をするかわからないので家の中でも常に見ていなければいけません。
子どもが寝ている時間や、幼稚園・保育園に行っている時間には家事をする必要があります。数分でもいいから自分だけの時間が欲しい!といつも思っています。

静かな時間を過ごしたい

子どもが幼稚園や保育園、小学校に行くようになって少し育児が楽になるかなと思っていました。
もちろん昼間の子どもがいない数時間は静かですが、帰宅後はもうてんやわんや。質問責めにされたり、子どもの愚痴を聞いたり常に家がうるさい状態です。「お腹すいた」「喧嘩した」「お菓子どこ」など気が休まる暇がありません。

長いお休みや休日にはずっと子どもたちの声を聞いていて頭が痛くなってきます。子どもが寝た深夜の時間だけがやっと自分の時間ですが、もっとゆっくり静かな時間を過ごしたいのが本音です。

エピソード3「義理の両親や実の親にイライラ」

夫に続いて、義理の両親や実の親にイライラするエピソードも多いようです。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • はむ

    趣味は旅行、ホットヨガ、QUEEN、ラーメン。筆者が実践しているちょっとした工夫を紹介していきます。

    フォローする