WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

材料費300円?!100均材料で作るバッグインバッグ

#バッグインバッグ #作り方

みか
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年5月20日更新

「バッグインバッグ」でバッグの中をすっきり整頓

大容量のトートバッグやリュックは便利ですが、荷物をポイポイ入れてしまうと使いたいものが使いたい時にすぐに見つけられない!という経験はありませんか?
こんな時に役に立つのが、バッグの中に入れる収納ポケット「バッグインバッグ」です。

必要なものをバッグインバッグに収納しておけば、バッグの中をすっきり整理整頓するだけではなくバッグを変える時にもスムーズに中身を移すことができますね。

また感染症予防のために外を持ち歩いたバッグを部屋の中に入れたくない…という時にもバッグからバッグインバッグだけをさっと取り出せますので便利です。

今日は100均のクッションケースとカラーボックス用のカーテンで作る材料費300円のポーチ型バッグインバッグの作り方をご紹介します。メイン収納のファスナーポーチの外側にポケットが4つついた、細かすぎない収納が使い勝手がよくおすすめです。

 

材料・道具

今回はこちらのA4サイズのクッションケース(ダイソー購入品)をリメイクしてバッグインバッグを作ります。ファスナーもそのまま使うので、ファスナー付けが苦手な方でも簡単に作れます。


 

脇にフックがついていて便利そうですが、今回は布でカバーしてしまうのでハサミでカットします。

上のクッションケースに布を袋状に縫ったものをカバーしてバッグインバッグを作ります。
今回はダイソーとセリアで購入した3段ボックス用のカーテンを使用しましたが、お手持ちの布でもOKです。
デニム調の無地のものを土台布として、パイナップル柄のものをポケット布として、それぞれ36×44センチ用意しました。
3段ボックス用のカーテンは男前インテリア風のものから北欧風まで色々なデザインのものが販売されていますので、選ぶのも楽しいですよ。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • みか

    ハンドメイドと料理が好きです。いつも何かを作っています。

    フォローする