WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【管理栄養士おすすめ!】妊娠中レシピ「アスパラガスの野菜炒め」&葉酸の大切さを解説

#レシピ #時短レシピ #妊娠中

管理栄養士 いそ まき
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年3月13日更新

妊娠中には葉酸をとくに摂るように推奨されます。葉酸が多く含まれる野菜として代表的なのがアスパラガス。アスパラガスを使ったアレンジもしやすい簡単レシピを紹介します。

妊娠中は葉酸が大事なわけ

妊娠中レシピの前に、「葉酸」についてお話しさせてください。

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを育てるため、お母さんは食事をしっかりとってなるべく必要な栄養素を食事から摂ることをおすすめします。
特に、葉酸は妊娠中に十分な量を食事から取り入れるのが難しい栄養素と言われています。
意識して食材を選ぶようにし、バランスの良い食事を心がけましょう。

葉酸のはたらき

葉酸は、ビタミンB群のひとつで体の代謝に関与しています。
主な働きは次の通りです。

・赤血球の生産を助ける
・DNAやRNAなどの核酸やたんぱく質の生合成を促進し、細胞の生産・再生を助ける
・お腹の中の赤ちゃんの細胞分裂や成熟を助ける


一般的に、葉酸を十分に摂り入れることでお腹の中の赤ちゃんの先天異常である神経菅閉鎖障害や無脳症のリスクを減らすことができるともいわれています。
 

葉酸を多く含む食材って?

葉酸は、葉っぱの野菜などに多く含まれます。
水に溶けやすく、熱に弱い性質があるので料理で利用するときはスープにいれて溶け出た栄養をそのまま食べたり,必要以上に加熱しすぎたりしないように気を付けましょう。

葉酸の必要量

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 管理栄養士 いそ まき

    食で健康を支えたい。そんな思いで活動をしています。生活習慣病の予防は食習慣が大切です。みなさんの...

    フォローする