WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

材料費50円!かぎ針で作るスヌード

#かぎ針 #スヌード #編み物

sakuramiya
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年1月6日更新

広瀬光治さんデザインのスヌード

ある日、本棚を整理していて見つけた古い雑誌。
NHKで現在も放送中の「すてきにハンドメイド」のテキストです。

ニットの貴公子「広瀬光治」さんがデザインされたスヌードに惹かれて購入しました。
購入時に一度編んだのですが、テキストを眺めているうちに、また編みたくなりました。

広瀬光治さんとは?

広瀬光治さんは、ニットデザイナーで、ニットの貴公子と呼ばれています。
全国各地で、編み物の楽しさを伝えていらっしゃいます。

書籍も多く出版されており、ご自分で着るニットは、ほとんどご自分で編んでいます。

模様と使用している毛糸

2011年にテレビで見て、ビギナーでも編めるデザインにしてあることが分かりました。


このスヌードの特徴は、キラキラとしたラメ糸と、変わった編み目です。
テキストで使用している毛糸の太さは「合太」で、3玉必要と書いてありました。

使用している毛糸を調べてみると、ハマナカの「グランジェ」と判明。
1玉700円以上するので、今回は100円ショップで探してみることにしました。

材料費50円!? ダイソーの毛糸で代用しました

いくつか100円ショップを回り、毛糸を探しました。
そして、ダイソーで「グラデーション・ラメ」という毛糸を発見!

「グラデーション・ラメ」は、始めからラメ糸が入っていて、編んでいくうちに自然にグラデーションになる魅力的な毛糸です。

MADE IN TORKEYと書いてあるので、トルコ製の毛糸ですね。
使用する針は、かぎ針(5号)です。

筆者は背が低く、ボリュームのあるスヌードは苦手なのでショート丈で編むことにし、2玉購入しました。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ