WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

洋服にも和服にも似合う、手作りバッグ【あづま袋編】

あづま袋は、直線縫いだけで完成、そして面倒な型紙もなしで作ることが出来ます!ちょっとそこまでの外出に、とっても重宝するあづま袋。アレンジ次第で洋服にも和服にも合わせられます。今回は、内布付きの簡単な作り方をお届けします! #刺繍 #バッグ

okoroom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年8月13日更新

縦32cm横92cmの布を2枚用意します。

2.表と裏の布を縫い合わせ

2枚の布を中表に合わせて、ズレない様に数か所、待ち針を留めます。

布の端から1cm内側に入ったところで、返し口18cmをあけた周囲(赤い線)を、手縫い又はミシンで縫います。
縫い始めはと縫い終わりは、返し縫いをします。

1cmの縫い代を縫い目に沿って内側へ倒して、アイロンで整えます。

ここで、しっかりとアイロンをかけた方が、布をひっくり返すときに、スムーズにできます。
特に、四つ角は念入りに!

2枚縫い合わせたものを、返し口からひっくり返します。
その時、四隅も丁寧に整えます。

そして、開いた返し口を手縫いでまつります。

3.袋状に縫い合わせ

仕上がりで表になる面を上になるように置き、横の長さの1/3の部分を手前に畳みます。

そして、布端から5mm内側(赤い線)を手縫い又はミシンで縫い合わせます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

画像のように、右下の布をめくっておきます。

反対側の3/1の布を手前に畳みます。
この時、真ん中にある布はめくったままの状態です。

画像のように、布端から5mm内側へ入ったところ(赤い線)を手縫い又はミシンで縫います。
めくった布を縫わない様にご注意くださいね!

同じく、縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • okoroom

    ものづくりが好きです。 いつも何かと作っています。

    フォローする