WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

消しゴムはんこの持ち手の作り方!アイデアまとめ

かわいい消しゴムはんこを作ったら、ぜひ素敵な持ち手を付けて楽しみましょう。
持ち手をつけることによって使い勝手も向上し、見た目や耐久性などクォリティもぐんとアップします。 #消しゴムはんこ

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年7月17日更新

消しゴムはんこの基本的な作り方の流れは、

1.図案を書く
2.図案をトレーシングペーパーに鉛筆で写して、それを更に消しゴムに写す
3.アウトラインを彫る
4.余白を彫る
5.仕上げ

と、ざっとこのような流れになります。

初めての方は、まずは動画や下の記事で流れを掴んでおくといいですよ。

消しゴムはんこの持ち手の作り方

かわいくできた消しゴムはんこに、素敵な持ち手をつけるとそれだけで作品のグレードがアップし、消しゴムはんこの耐久性も増します。

次は、消しゴムはんこの持ち手の基本的な作り方について見てみましょう。

木材で持ち手を作る

1.材料となる木材を用意する

まずは、木材で持ち手を作るやり方についてご紹介します。

木材で持ち手を作る利点は、木材の表面に印影をきれいにスタンプしておけることと、耐久性の高さ、持ちやすさ、手に入りやすさなどがあります。

木材は、ホームセンターなどで手に入れて、必要なサイズにカットして使うやり方や、ほしいサイズに近い端材を探すやり方があります。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする