WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

低脂質ダイエットの効果的なやり方とおすすめメニュー

「夏までにダイエットを成功させたい!」と意気込んでみたものの、何から始めたら良いか?と迷っている方へ。しっかりと食事を採りながら、食事の内容を少し意識してコントロールすることで、効果的な減量や体質改善が可能な低脂質ダイエット。より効果的な方法やおすすめなメニューをご紹介していきます! #底脂質ダイエット #ダイエット

Akane157
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年4月15日更新

食物繊維に、ビタミンE、Cが多く含まれるアボガド。高い栄養素と食べた時のクリーミーな満足感はダイエット中に最適な食材の一つです。脂肪分が多く含まれていますが、不飽和脂肪酸(オレイン酸)と言って、脂質として消化吸収されるのではなく、ビタミンを吸収する補助する役割を果たします。血中の悪玉コレステロールを下げる働きも注目されています。
【アボガドの三色丼】
<材料> アボガド、まぐろ赤身、トマト
<調味料> ごま油、醤油、わさび
【作り方】
①アボカド、マグロ赤身、トマトを1口大にぶつ切りにする
②調味料をお好みの適量混ぜておく
③丼にご飯を入れ①を盛り付ける
④②の調味料をかけて完成!
 

大豆ミートの回鍋肉

ベジタリアンにも人気の「大豆ミート」は、まるで本物の肉の様な食感が楽しめる食材です。
いつもの味に仕上げれば、完全に肉だと信じて食べられるほど。唐揚げなどにしても美味しいのですが、今回は初心者でも試しやすい回鍋肉をご紹介していきます。
<材料>
・大豆ミート(ばら肉タイプ)・キャベツ ・ピーマン ・タマネギ
<調味料>
(・みそ ・みりん ・豆板醤 ・おろしニンニク)★ ・ごま油
【作り方】
①材料の野菜を好きな大きさにカットする

②大豆ミートと一緒に①をごま油で炒める
③野菜に火が通ったら、★の調味料を混ぜた物をかけて絡める
 

普茶料理レシピ【うなぎもどき】

江戸時代初期に中国から日本へ伝わった「普茶料理」は、肉や魚を一切使わない精進料理です。野菜を使ったメニューなら、楽しみながらカロリーコントロール出来ますよね。高値のウナギを低予算で作れるメニューでもあります。
<材料>・山芋 ・レンコン ・ゴボウ ・豆腐 ・焼き海苔 ・片栗粉
<調味料> 蒲焼きのたれ
【作り方】
①野菜をぶつ切りにして、豆腐と共にフードプロセッサーでペースト状にします
②焼き海苔を置いて、①のペーストを上に乗せてフライパンで海苔面側から揚げ焼きします
③しっかりとカリカリになるまで焼いたら、裏返して反対側も焼ききつね色になったらOKです
④丼にご飯を盛り、うなぎもどきを乗せて、蒲焼きのたれをかけたら完成です!

低脂質ダイエットの注意点

ビタミンを吸収するための脂質

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • Akane157

    1児を子育て中の30代ママです。子育てについても美容や健康面についても、新しい情報を集めるのが大好...

    フォローする