WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

思わずうっとり♪ステンドグラス風アクセサリーの作り方

レジンを使って作る「ステンドグラス風アクセサリー」の作り方をご紹介します。レジンアクセサリーは初心者さんでも簡単に低価格で作ることができ、作った後はファッションアイテムとして使って楽しむこともできます。「作る楽しさ」と「使う楽しさ」、2度楽しめる作品です。 #ステンドグラス #アクセサリー #100均DIY

aiko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年4月15日更新

レジン液が型に全て入ったら、ヘラで型に盛り過ぎたレジン液をとっていきます。ヘラが無くても大丈夫!レジンの型のパッケージに入っている厚紙がヘラの代わりに使えますよ♪

②レジン液を硬化させる。

UVライトをお持ちの方は、UVライトで硬化させます。
UVライトをお持ちでない方は、太陽の光に10分前後当てて硬化させます。曇りの日は硬化に、晴れている日の倍以上の時間かかる場合もあります。

硬化したのかを確認する方法は、優しくレジン液の表面を触ってみてベタベタしたら、もう少し硬化が必要です。ベタベタしなくなったら硬化が完了している状態です。

作品作りにこれから、合計4回硬化させる作業があります。時間に余裕がある日に作業して、硬化を待っている間は簡単な家事をしたりして、のんびり作ってください♪

③黒色以外のレジン液を流し込む

硬化したら、型からレジンをゆっくり取り出します。
黒色以外のカラーレジン液を流し込むために、隙間が出来ないようにしっかり上の写真のようにマスキングテープをレジンに貼ります。
カラーレジン液を空いているスペースに入れていきます。バランスよくカラーレジン液を入れるコツは、同じ色が隣り合わない事を意識して色の配置をします。
上の写真の赤い線で囲っている面部分にはレジン液を流し込まないことで、金具のパーツを付ける時に必要なレジンに穴を空ける作業を省いてみました。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • aiko

    こんにちは♪年子の息子達の育児に奮闘中のママライターです。美術大学のデザイン科を卒業後、学校で美術...

    フォローする