WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

小さい秋みーつけた♪落ち葉のバッグチャームを樹脂粘土で作ってみよう

#樹脂粘土 #チャーム

lonlon
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年10月18日更新

紅葉のきれいな季節になりました♪小さな秋を閉じ込めたような秋色のバッグチャームを樹脂粘土で作ってみました。
家にあるもので簡単に落ち葉の雰囲気を出すことができますよ♪紅葉狩りなどのワンポイントにぜひチャレンジしてみてくださいね。

秋を閉じ込めた落ち葉のバッグチャームを作ろう

赤・黄・オレンジ、カラフルな色づきのモミジをバッグチャームにして秋のお出かけのワンポイントにしてみませんか?
バッグチャームのチェーンいっぱいにカラフルな葉っぱをちりばめたので、モミジのリースのようなイメージです。
モミジはダイソーやセリアで販売されている和風のデコ弁キットの型を使用しています。
小さな葉っぱはタピオカ用のストローを変形させて仕上げていきます。
ワンポイントに木の実代わりのビーズがキラリと顔を覗かせるので可愛い中に大人っぽさもある仕上がりですよ♪

モミジと小さな葉っぱの作り方

材料と道具

<材料>
  • ダイソーの樹脂粘土
    今回、色づけは絵の具を使わず、カラー粘土を使用しました。
    濃いめの色づけをするときにはカラー粘土を使用すると手が汚れず、発色もきれいになります。
    使用カラーは赤・黄・茶・無着色です。
  • 大きさ4mmの色の濃いめのビーズ チェーンの目の数だけ
    今回はチェーンの目が10個だったので10個使用しました。
    木の実をイメージして、今回は赤紫っぽい色と紅葉の中に残るグリーンの2色を用意しました。バランスはランダムに用意してください。
  • 丸カン
  • Tピン
  • チェーン
    目の大きめのものを10cm。今回使用したチェーンは目がちょうど10個でした。
  • 大きなキーホルダー用のカニカン
  • キーリング
    チェーン、カニカン、キーリングが最初からつながれた状態で売られているバッグチャーム金具を使うととても手軽に仕上げができます。
    ダイソーやセリアで販売されています。
  • アルミホイル
    葉っぱの質感をつけるために使用します。

<道具>
  • 平ヤットコ・丸ヤットコ・ミニペンチ
  • 先のとがった粘土用細工棒か爪楊枝
  • カッターナイフの刃
  • タピオカ用ストロー
    ダイソーで手に入れることができます。

葉っぱを作っていきます

  1. 最初にアルミホイルをくしゃくしゃと丸めて、質感をつけるための道具を作ります。
    写真のようにできるだけきめ細かい皺ができるようにしてください。
  1. 黄色・赤のカラー粘土を1.5cm玉になるくらいずつ取り出し、それぞれ同量の無着色の粘土を混ぜてしっかりと捏ねあわせます。

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • lonlon

    樹脂粘土とビーズを中心に色々と作っています。

    フォローする