WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

夏に特におすすめ!かぼちゃの南蛮漬けレシピを紹介

#レシピ #かぼちゃ

aya_ayachin0426
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年8月27日更新

日本かぼちゃの保存方法は、状態によって三段階に分けられ、以下のようになります。

丸ごと保存・・・風通しがよく、且つ涼しい環境がよいでしょう。
カット済み・・・種とわたの部分をきちんと取り除いてから、サランラップなどに包んで空気に触れることを避けて、冷蔵庫にて保存しましょう。
一口大にカット・・・小分けにして、冷凍庫保存がおすすめです。冷凍保存した場合は、解凍せずにそのまま加熱するとよいでしょう。

「西洋かぼちゃ」について

西洋かぼちゃの産地は、国内では北海道,鹿児島,茨城,千葉,長崎などで、国外ではメキシコ,ニュージーランド,トンガなどになります。
購入の際は、重量感があり皮がかたく引き締まっていて、色がはっきりとしているものを選ぶようにしましょう。またカットしてあるものの場合は、種がしっかりと詰まっていて、果肉の色が濃い黄色のものがおすすめです。
かぼちゃを煮物に使用することは多くあるかと思いますが、比較的煮崩れしやすいので角を面取りするようにしましょう。

次に、西洋かぼちゃの栄養価と保存方法について解説していきます。

西洋かぼちゃの栄養価

含有量が高い栄養価のみ、抜粋して紹介していきます。

西洋かぼちゃ(100gあたり)
エネルギー・・・91kcal
炭水化物・・・20.6g
カリウム・・・450mg
カルシウム・・・15mg
マグネシウム・・・25mg
βーカロテン・・・4000μg
ビタミンE・・・4.9mg
ビタミンB6・・・0.22mg
ビタミンC・・・43mg
食物繊維・・・3.5g

先ほどの日本かぼちゃと比較してみると、全てにおいて西洋かぼちゃの方が含有量が高い傾向にあります。
これらの結果から、エネルギーと炭水化物をみると日本かぼちゃの方がヘルシーで、その他の栄養素からは西洋かぼちゃの方が栄養価が高いということが分かります。
後ほど西洋かぼちゃに多く含まれている、カリウム,カルシウム,マグネシウム,βーカロテン,ビタミンE,ビタミンB6,ビタミンC,食物繊維の効果について詳しく解説していきます。

西洋かぼちゃの保存方法

西洋かぼちゃを保存するための適温は、15℃~22℃程度になります。10℃以下になってしまうと低温障害で傷みやすくなるので、注意が必要です。

西洋かぼちゃに豊富な栄養素

カリウム

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • aya_ayachin0426

    お料理大好き二児のママです。母として、管理栄養士として、日々の料理を楽しんでいます。

    フォローする