WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

パッチワーク風チェックのフラッグ・ガーランド

#ガーランド #パッチワーク

craft-ark
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年8月15日更新

合印をあわせて縫い代0.5cmに縫い合わせます。1枚縫ったら糸を切らずに、次々と続けて縫うとラクです。縫い代0.5cmは、ミシンの押え金の幅を見ながら調整しましょう。手縫いの場合は、0.5cmの位置に線を引き、始めと終わりを返し縫いして、並縫いします。

布と布の間の糸をカットします。布を切らないようにしましょう。

アイロンで縫い代を割ります。細かい作業なので、やけどをしないように注意しましょう。

縫い代のはみ出した部分をハサミでカットします。縫い糸を切らないように。縫い代側ではなく、反対側から見てカットしましょう。こうするときれいにとがった三角形になります。

表に返します。三角形のとがった部分は、目打ちや太めの針で引っ張りだすようにして整えます。

三角形の直線部分を1cmアイロンで折り、縫い代0.7cmに縫います。ここがひも通しになります。

はみ出した三角の部分をカットします。

4.フラッグをひもに通します

綿ロープにフラッグを通していきます。ひも通しの道具では太すぎるので、糸と針を使って通す方法をご紹介します。刺しゅう針に丈夫な糸を通し、2本どりにします。綿ロープの端に針を差し、2本どりの糸の間に通します。

フラッグを通す前に、通す順番を考えましょう。濃い色と淡い色をバランスよく配置し、似たような柄が隣に来ないように。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • craft-ark

    長い間、手芸本の編集に携わってきました。シンプルで温かい手づくり品が好きです。 ほっこりした暮ら...

    フォローする