WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

キッチン収納!引き出し付きスパイスラックをつくる

百均の調味料ケースと木製トレイを使い、そのサイズに合わせたラックをつくります。オイルフィニッシュからのエイジング加工と、真鍮製のパイプを素材に取り入れることで、アンティーク感を出していきたいと思います。

ポイントは、木工ボンドを使って固定すること。ここが一番の難関で、それさえクリアすればあとは簡単です。 #キッチン収納 #スパイスラック

2018.7.11

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.11 / 作成:2018.7.11

準備するもの

必要な工具・用具

【必ず使うもの】
  • さしがね
  • のこぎり
  • 金切のこぎり(真鍮パイプを切るために使うので、なければ鉄工用やすりでも可)
  • 木工ボンド
  • ドリルドライバーかインパクト
  • 塗装用オイル
  • ハケ
  • ウエス(布のはぎれ等で可)
  • 紙やすり(240番程度)


【あった方がつくりやすいもの】
  • ベルトクランプ(なければスズランテープなどで代用可)
  • クランプ(なければスズランテープなどで代用可)


【ドリルドライバーかインパクトのビット】
  • ドライバー(+)ビット
  • ダボ用6mmビットと8mmビット
  • 木ダボビット(なければ8mmのダボを購入で代用可)
  • ネジ下穴用ビット(なければ千枚通しでも可)

材料

  • 桐材かファルカタ材(13mm厚)
  • シナベニヤ材(5.5mm厚)
  • 真鍮パイプ(直径6mm)
  • スリムビス(30mm程度)
  • 取っ手(お好みで)
  • 百均の調味料ケース3個
  • 百均の木製トレイ1個

つくり方

1.材料を必要なサイズに切り出す

材を必要なサイズに切り出します。
今回は、上の画像にある、百均の調味料ケースと木製トレイに合わせてサイズを決めました。
参考までにサイズを載せておきます。

2.真鍮パイプをはめ込む穴をあける

左右の縦板の上部、角から10mm程度の場所に、6mmのビットを使って穴を掘ります。
真鍮パイプを埋め込む予定の寸法に、プラス1mm程度深めに穴を掘ると、作業がしやすくなります。
今回は、5mm程度埋め込むとして、約6mmの穴を掘りました。

ここで注意することは、穴を掘りすぎないこと。
穴を掘りすぎると、反対側に突き抜けてしまったり、組み立てた後に真鍮パイプが抜けてしまったりします。

3.仮組みしてから木工ボンドで固定する

さて、いよいよ一番の難関の木工ボンドです。

まず、左右の縦板の内側に、横板を固定する場所の目印を書きます。

次に、真鍮パイプを片側に差し込みます。

そして、横板に木工ボンドをつけて慎重に置いていきます。
このとき、木工ボンドが材のあちこちについてしまうと、その部分に塗料が乗らなくなってしまうので注意が必要です。

真鍮パイプ2本と横板3枚をおいたら、反対側の縦板に真鍮パイプをはめ込みながら固定します。

私は、一番先にベルトクランプを大きく広げておき、その中で作業をするようにしました。
もし、養生テープなどがある方は、木工ボンドを塗ってから養生テープで仮押さえしておけば作業がはかどるかもしれません。
ただし、養生テープで固定している間に、思っている場所とは違う場所で木工ボンドが乾いてしまうことがあるので注意が必要です。

目印通りの場所に固定できたら、ベルトクランプやスズランテープなどで固定します。

4.ビスで固定する

木工ボンドが乾いたら、ビスで固定します。
ネジをダボで隠した方が見た目がすっきりしますが、黒ビスやマイナスビスを使ったり、ビス隠しのピンを打ったりしてもいいですね。

私は、8mmのダボでネジを隠しました。

まず、ネジを打つ部分に8mmビットで5mm程度の穴を掘り、ビスを打ちます。
穴に木工ボンドを塗り、ダボを打ち込みます。
ダボはホームセンターで購入したものでもいいですし、あれば、木ダボビットを使って、本体と同じ材でダボをつくってもいいです。

木工ボンドが乾いたら、ダボの余分な部分を切り取り、軽くヤスリがけをしておきます。

5.背板を取り付ける

ベニヤ板で背板を取り付けます。
引き出しになる部分と、調味料ケースを入れる部分に背板を木工ボンドで貼り付け、そのあとビスで固定します。
ビスを打つ時は、下穴をあけてから打ち込みます。

6.塗装する

塗装は、真鍮のゴールドに合いそうな、ワトコオイルのエボニーを使いました。
全体にオイルを塗り、しばらくおいてから余分なオイルをふき取ります。

引き出しの表板も塗っておきます。

7.引き出しをつくる

オイルが乾いたら、引き出しの表板を百均の木製トレイに木工ボンドで貼り付けます。
クランプで固定するのがいいですが、なければ手で押さえていても構いません。

この時、必ず平らな台の上で作業し、表板と木製トレイの底面がずれないようしましょう。

8.紙やすりを使ってエイジング加工をする

オイルが乾いたら、紙やすりを使って使い古したような加工をしていきます。
角を落としたり、表面をこすったりして、自分のセンスで加工しましょう。

できあがり!

取っ手をつけて完成です。

木工ボンドで組み立てるところが難関ですが、難しいようなら木工ボンド使わずに、いきなりビスで固定しても大丈夫です。
その場合は、下穴をあけるときに、ずれないように慎重にあけることが大事です。

お気に入りの調味料ケースに合うサイズのラックを自分でつくると、キッチン周りのセンスがぐっとあがりますね!

ぜひみなさんチャレンジしてみてください!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • countrystyle.jp

    主に木材を使ったDIYを楽しんでいます。 アンティーク風な小物や木箱が多いです。