WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

シロツメクサと四葉のクローバーのゆらゆらリボンキーホルダー

いつも使う鍵やバッグに幸せを運ぶモチーフをつけて楽しんでみませんか?
シロツメクサと四葉のクローバーに淡い色のリボンを合わせたゆらゆらキラキラのガーリーなキーホルダーに。
ホルダー部分の金具は大き目のカニカンなので、バッグチャームとしてバッグに取り付けることもできますよ♪ #樹脂粘土 #キーホルダー #花

2018.7.9

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.9 / 作成:2018.7.8

シロツメクサと四葉のクローバーのゆらゆらリボンキーホルダー

シロツメクサってどんな花?

シロツメクサは春から秋にかけて咲くクローバーのお花ですね。
子供の頃、花冠なんかを作ったりして楽しかった想い出があります。
花言葉は
『私を思って』『幸運』『約束』『復讐』
と、なんだか恋する女の子にピッタリです。
最後の『復讐』は願いがかなわないと復讐が待っている・・・という意味らしいですが、ちょっと怖いですが・・。

四葉のクローバーは見つけたら大切に持っておくと幸せを運んでくれるといいますね。
 

作り方

材料と道具

<材料>
  • 樹脂粘土
    今回はグレイスという粘土を使いましたがダイソーで売っている樹脂粘土でも問題なく作ることができます。
    ただし、軽量粘土やふわふわ粘土は乾いてからの透明感がなく、作った後の緑色がきれいに透けませんので、作る時は必ず樹脂粘土を使用してくださいね。
  • リボン(2cm幅)
    こちらのリボンはSeriaで見つけて購入しました。
    淡いベージュピンクの色合いがふわふわとしていてとてもかわいいです。
  • 絵の具(黄色・緑・白)

  • リボンを結ぶ時に使います
  • ビーズ(6㎜くらいの大きさのもの)
  • Tピン
  • 9ピン
  • 丸カン
  • キーホルダー金具
    写真に写っているのは手芸店で購入した少し小ぶりなカニカンになりますが、一回り大きいものが100均でも手に入りますし、ほかにもいろいろなパーツが置いているのでお好きなパーツを選んでください。
  • ボンド
  • ニス
    写真には写っていませんが、今回はツヤツヤになるニスではなくつや消しニスを使用しました。艶消しニスは100均でも見かけた覚えがあります。
    出来上がったそのままの質感で仕上げることができます。
<道具>
  • ミニペンチ
  • タピオカ用のストロー
  • 爪楊枝
  • 1/3の計量スプーン
    なければなくてもOKです。
  • まゆ毛カット用はさみ
  • 綿棒か細い筆
<あれば便利なもの>
  • OPP素材の袋
    粘土を薄く伸ばす時にくっつきにくい・
  • クリアファイル
    粘土を薄く伸ばす時に挟んでつぶすと均等にきれいに平らにすることができます。

作り方

  1. まずは粘土を適量計量します。
    計量スプーンに粘土を摺り切りいっぱいの量の粘土玉を4つ作って2つはラップに包んで乾燥を防ぎましょう。
    袋に残っている粘土もラップにくるんで置くと乾燥せずにまた使えますよ♪

    計量スプーンがない場合直径2cm程度の粘土玉を作ってください
  1. まずはクローバーを作っていきます。
    ラップにくるまなかった粘土玉を絵の具を混ぜ込んで着色してきます。
  2. 1つには少しだけ白色を混ぜ、もう1つは黄色と緑を少しずつ爪楊枝の先につけて混ぜて黄緑色にします。(写真右下)
    樹脂粘土は乾いたときに少し透明感が出ますので色が濃くなりがちです。
    少し薄いかな?というところで止めてくださいね。
  3. 粘土玉ができたら緑の年度を1/3と2/3に割って長さ5cmほどの棒にします。
    粘土板の上でコロコロと手のひらで転がしていくとまっすぐの棒になります。
    白色の粘土も1/4ほどを同じ長さに整えます。
  4. 長さがそろったら厚みを揃えて合体させます。
    白色が一番厚みがなく、緑の大と小の厚みがある状態なので、緑の2つを厚みを揃えてから、緑大→白→緑小の順番に並べてギュッとくっつけます。(写真右上)く
  5. 5をクリアファイルなどに挟んで上からギュッと厚さ1mm~2mm程度になるまで平たく伸ばします。(写真左)
  1. 6で伸ばした粘土を涙型につぶしたタピオカ用のストローで抜いていきます。(写真右)
    白いラインが真ん中より少し中心よりになるように抜くとそれっぽいです。
    (残った粘土はあとで使います)
  2. 抜いた粘土をさらに涙型がはっきりするように指で整え、細いほうを軽く指でつまんで薄くします。
    この時白いラインが細いほうに向かってカーブするように細くなっているほうへ向かって指で撫でてあげるといいです。
  3. 形が整ったら爪楊枝で葉の真ん中に筋をつけます。(写真左)
  1. 葉っぱを抜いた残りの部分で1cm程度の円柱を作り、9ピンを刺しておきます。
    今回はTピンでもよかったのですが、万が一のすっぽ抜けを予防するため9ピンでストッパーの代わりとしました。
    (写真右上)
  2. 10で作った土台にボンドをつけて葉っぱを固定します。(写真左)
    乾くまでこのままにしておくと葉っぱが下に向かって反ってしまうので、葉っぱを下に向けてまっすぐの状態で乾かしておきましょう。(写真右下)
  3. 乾いたらニスを塗っておきます。
  1. 次にシロツメクサを作っていきます。
    ラップに包んでおいた残り2つの粘土玉を3と同じ要領で黄緑色と白に着色します。
  2. できた粘土玉をそれぞれ2つに均等に割ります(写真左上)
  3. 緑の粘土は球体に、白い粘土は丸めた後厚さ1mm位まで薄く伸ばします。
    (写真右上)
  4. 緑の粘土を白い粘土でくるんでいきます。
    しわが寄って粘土の厚みが出てくるところは親指で撫でてできるだけ均等な厚さになるようにしてください。(写真右中央)
  5. 最後まで包み終わった時に粘土が余っていたらカットして(写真右下)包み終わりが目立たなくなるまでコロコロ手のひらで転がし、堤終わり部分に爪楊枝を刺しておきます。(写真左下)
  1. はさみでシロツメクサの花びらを作っていきます。
    爪楊枝の根元にはさみをあてて、切れ目から緑色がうっすら見えるように切っていきます。(1枚目右上)
    この時はさみの刃は少し上向きに向けて掬い上げるように思いきってカットしましょう。(1枚目左上)
  2. 爪楊枝の周りをぐるりと一周したら次は2段目をカットしていきます。(1枚目左下)
    1段目と花びらが重ならないように1段目の花びらと花びらの間をはさみで掬い上げるようにしてカットしていきます。(1枚目右下)
  3. 3段目以降も同じようにカットを進めていき、最後の芯の部分まで来たら芯に十字にはさみを入れて花びらの大きさが整うようにしておきます。(2枚目左上)
  4. できたら爪楊枝を抜き、葉っぱを作る時にあまった白い粘土を細く伸ばして穴をふさぎます。(2枚目右側2枚)
  5. 全体の形をそっと指で整えてた後、Tピンの下側にボンドをつけて花の先から先ほど爪楊枝が刺さっていた方向に向けて刺しておきます。(2枚目左下)
  6. 乾燥させてニスを塗ります。
  1. リボンを作っていきます。
    リボンを12cm、10cm、3cmにカットします。(1枚目左下)
  2. 12センチのリボンの端にボンドを付け5mm~1cm程度重ねて輪にしてボンドが乾くまで洗濯バサミやピンチで挟んでおきます。
  3. 10cmのリボンの中心を90度の角度になるように折って、折り目の重なっているところにボンドをつけて挟んで固定します。(1枚目右下)
  4. 3cmのリボンは裏にボンドを薄く塗り半分に折って1cm×3cmの幅にしておきます。
  5. 25と26のリボンを中心で重なるようにボンドでくっつけます。(1枚目右上)
  6. くっついたら、糸で中心をしっかり縛り(1枚目左上)、裏にボンドを少しつけて30へ。
  7. 27のリボンを裏側下から表側に来るように29に巻きつけて、裏でボンドで固定します。この時余ったリボンははさみでカットしてしまいましょう。(2枚目左下)
  8. とがった針で30のリボンの隙間を縫うように下まで貫通させ、空いた穴に9ピンを刺します。(2枚目右下)
    この時、針を引き抜きながら9ピンを差し込んでいくと穴を見失うことなく通すことができます。(2枚目左上)
  9. 下に垂れているリボンの端を三角形にカットしておきます
  10. 9ピンの端をミニペンチで丸めます。
  1. シロツメクサとクローバーのピンを丸めます。(写真右下)
  2. ビーズに9ピンを通し、先を丸めます。(写真右上)
  3. 3個組と2個組にビーズを分け、丸カンでつなぎます。(写真左下)
    片方の先に丸カンでシロツメクサをつなげておきます。
  4. リボンの下にクローバー、36を同じ丸カンでつなぎます。(写真左上)
    この時、リボンの裏表とクローバーの裏表に注意してください。
できあがり♪

いかがでしたか?
ちょっと行程が多かったですが、慣れるとどんどん作っていくことができますよ。
今回はオーソドックスなカラーでのご紹介でしたが、赤と黒でパンキッシュなものや
ピンクと白でさらにふんわりとした雰囲気になったり、フェイクならではの楽しみ方ができちゃいます。
幸せのクローバーとシロツメクサで幸せを呼び込んでみましょう♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • lonlon

    樹脂粘土とビーズを中心に色々と作っています。