WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ストローで作るヒンメリダイヤモンド型!【初心者編】

ヒンメリの形は色々、図形や計算が得意な方は自分で設計図を考えることも◎。ダイヤモンド型は人気があって、宝石のような長細い形は、しずくにも見えて素敵です。紐をワイヤーに変えて組み立てれば、プランターとしても使えておしゃれ!ロマンチックな形は、女性のお部屋にも相性ピッタリですよ。沢山出来たらお友達へのプレゼントにも。 #ヒンメリ #ダイヤモンド型

2018.5.17

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.5.17 / 作成:2018.5.17

今回作るヒンメリです。

今回作る作品はこちらです。ダイヤモンド型のヒンメリに、ストローにマスキングテープを貼って作った正三角形のヒンメリを入れました。ゆらゆら揺れて、アクセントにもなって可愛いですよね♪

ヒンメリ縦長ダイヤモンド型の作り方

先ずは、ダイヤモンド型を作りましょう。ストローは、3種類の長さにカットしておきます。今回は分かりやすい色の刺繍糸を使いました。長さは、5cm、7cm、11cmです。ストローに糸を通す時と、結ぶ時にも必要になるヘアピンを用意して下さい。

ヘアピンに糸を挟んでストローを繋げていきます。

11cm、7cm→7cm、11cmの順にストローに糸を通して、両端で糸を結びます。最初は、ダイヤモンドの側面部分を作ります。

上記と同じ工程を繰り返し行って下さい。

その度に、両端をしっかりと結んで、合計3つのひし形の面が出来ます。次は、一番短くカットした5cmのストローを繋げて、各面を結合させていきます。

新しい糸で11cmと7cmの間で結びましょう。その糸に5cmのストローを通して、隣の面に結び付けていきます。

この工程を繰り返して、全ての面を繋げて下さい。

最終的には、3つの三角形が出来ます。立体的になってきましたね。

糸が長めに残っていたら、三角形の先端に戻します。新しい糸を使っても良いですよ。

軽めな容器に植物を入れてプランターとして飾るには、この段階で入れると良いでしょう。

底部分の端を一つに結んで、ダイヤモンド型の完成です。

縦長のダイヤモンド型は、おしゃれですよね!ビーズやタッセルなどのデコレーションも似合いますね。

マステ使用・ヒンメリ正三角形の作り方

中に入れる正三角形のヒンメリを作ります。こちらのストローは透明なものを使っています。ストローには、色柄の違う3つのマスキングテープをぐるりと貼って、あらかじめカットしておきます。

ストローの長さは5cmにしました。先ずは、色柄の違うストローを3つ繋げて通しましょう。

三角形を作って、両端をしっかり結びます。

今度は、その糸に2つストローを通します。

三角形の下端に繋げて結び付けます。

その糸を、左の三角形の端に戻し通して下さい。

再び1つストローを通します。その糸で右側の三角形の端に結び付けると正三角形が完成します。

マスキングテープのデザインはお好みで!ダイヤモンド型のヒンメリに入れると、ゆらゆら揺れて可愛いですよ♪取り付ける糸は、テグスなどに変えてもOK!形の違うヒンメリを組み合わせて、大きな作品に仕上げていくのも楽しいですね。

ヒンメリワークショップのご紹介!

himmelin-aikaさんは、ペーパーストローにマスキングテープを重ねていく技法でヒンメリを制作されています。お子様向けのワークショップでは、親子で物創りの楽しさを体験できます。世界で一つだけの素敵なモビールが仕上がりますよ。自然に還る材料にこだわっていて、カラフルでポップな作品が多いです。

自然と和が活きるヒンメリモビール

縦に長いヒンメリに、麦のドライを入れて飾っています。下に付けたタグもおしゃれです。木に吊り下げたら、自然と一体のアートが完成しますね。お庭の木にヒンメリを飾って上手に季節感を取り入れましょう。夏は風鈴風に、涼やかな風の音を楽しんで。
こちらは、大小様々な形のヒンメリを繋げたモビールです。飛躍している鳥のパーツを付けていて軽やなイメージに仕上げられています。ヒンメリには、お好みのパーツを組み合わせられるのも魅力のひとつ。世界に一つだけのオリジナル作品を作ってみましょう。
ヒンメリを飾ったクリスマスツリー作品です。花瓶に枝を差して、和風な雰囲気でディスプレイされています。これならお正月まで飾っておけますね。ストローで作った繊細な星飾りがポイントに!タッセルも沢山使っていておしゃれですよ。色味を抑えたツリーが斬新ですね。

ストローを何本使っているのでしょうか。大きなひし形に繋げています。大人の雰囲気もあって素敵ですよね!ヒンメリを鑑賞しつつ、お酒を楽しんだり。一日の疲れも癒してくれそうです。和室にも相性が良さそうなデザインで、お部屋の一角に飾るだけでも寛ぎの時間が持てますね。

正八面体を繋げた四角いリース型ヒンメリモビールです。四角いリースの中には、大小のヒンメリを重ねたものを吊り下げています。夜はライトと合わさって、壁に影が映し出されます。まるでヒンメリが時を告げているようです。

日本でもヒンメリで町おこしを!

日本でヒンメリ町おこしに取り組んでいる団体は「ヒンメリ遠軽」さんです。女性10名のグループで、北海道遠軽町の黄金色に輝く麦畑の美しさを伝えようと活動されています。作ったヒンメリを販売したり、ワークショップやイベントにも挑戦しています。

こちらは、「ヒンメリ遠軽」さんが販売されている、しずく型のヒンメリです。縦32cmにもなって一つでも存在感がありますね。重なるしずくが幻想的で、長い時間眺めていたくなります。本格的に麦を使って作りたい方は、ヒンメリキットも取り寄せ可能です!

大人可愛いヒンメリ・ビーズキット&レシピ♪

ビーズショップのbeadsfactoryさんは、ヒンメリダイヤモンド型のチャームキットを販売されています。ビーズでヒンメリを作るには、長いツイストビーズか竹ビーズが必須ですよ!こちらは、ゴールドのツイストビーズを使用していて、中に入れたハートストーンがキュートですね♪

ヒンメリボールとコットンパールのネックレスのレシピをご紹介します。竹ビーズを使って作る、キラキラに輝くダイヤモンドのような20面体!コロンとしていて可愛いですね。相性の良いコットンビーズと一緒に、ネックレスに仕上げています。ブルー系でまとめているので、大人の表情が加わりましたね。

ヒンメリ作り方の動画編

こちらは貴和製作所さんの動画レシピです。直パイプを利用してヒンメリ風のモチーフ編みネックレスを制作されています。大人っぽいダイヤカットモチーフが素敵!中には、キラキラと輝きを放つ大粒なビジューをイン、存在感がありますね。
 

ERI流*暮らしの楽しみ方さんは、ヒンメリを組み合わせる繋げ方を紹介しています。一般的な糸やテグスを使うのではなく、ヒンメリに使ったストローを使って連結していきます。大人げなモビールに仕上げたい方は参考にしてみて!基本形だけで作れますよ。
 
Lily Roseさんの動画では、ワイヤーでヒンメリを制作されています。グルーガンで補強をしたり、スプレー缶での塗装の方法なども参考にしてみて下さい。工作感覚で作れるヒンメリ!飾り方もおしゃれです。
 

まとめ

基本型の次は、ダイヤモンド型のヒンメリを作ってみましょう。一つだけでも存在感があって、大小いくつか重ねてみるのも素敵です。しずくのようにも見える縦長ダイヤモンド型はおしゃれ度NO1!ヒンメリ・アクセサリーレシピも活用してみて下さい。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • きゃらめる

    インテリアやハンドメイドが好きなので、自分の感じたことが伝わるようにライティングしていきたいです。