WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

キャンドゥの新商品でアロマワックスサシェ作りに挑戦♡

最近話題になっているハンドメイドのひとつ「アロマワックスサシェ」。なんとキャンドゥから新商品として、アロマワックスサシェ作りに使うアイテムが発売されました♡今回は新商品とアロマワックスサシェの作り方を紹介していきます。 #キャンドゥ #アロマワックスサシェ

2018.5.14

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.5.14 / 作成:2018.5.8

アロマワックスサシェとは?

キャンドルに使うワックスにアロマを混ぜて固めたものがアロマワックスサシェ。
特徴をいくつか紹介したいと思います♪

①火をともさないキャンドル

アロマワックスサシェとキャンドルの大きな違いは「火を点けない」ということ。

お子様がいる人やペットを飼っているからキャンドルが楽しめないという方にもオススメ。

匂いが気になる場所、クローゼットの中にサッと入れてアロマの香りを安全に楽しむことが出来ます。

②キャンドルよりも簡単な作り方

キャンドルは火を灯すための芯があるために構造が少々複雑。
さらに引火することが前提なので燃え移りやすいものを飾りに使うことが難しいので、配置などを気にかけなければなりません。

しかし、ワックスサシェは火を点けることがないので、そういった心配がありません。

③アロマの香りを堪能できる

アロマワックスサシェは土台となるワックスにフレグランスオイルを注いでから固めて作ります。

「サシェ」は本来「香り袋」を意味する言葉ですが、このアロマワックスサシェも置いておくだけで香りを楽しめるという点からこのような名前がつきました。

自分の好きな香りでアロマワックスサシェを作り、香りを楽しむことが出来ます。

そんなアロマワックスサシェの材料がキャンドゥで手に入る!

なんとアロマワックスサシェで使うワックスがキャンドゥから登場しました♪

溶かしやすい粒状のワックスで1袋に50g入っています。

1つのアロマワックスサシェを作るのに、型にもよりますが20~30g程使うので1袋で1~2個出来るくらいと考えて良さそうです◎
複数個作ってみたい方はワックスを複数買いしてくださいね♪
アロマワックスサシェ用のモールド(型)です。

上の型はアロマストーンにも使えるもので、やや小さめ。
UVレジンの型としても使えるかもしれないです♪

下の型がアロマワックス用の型です。

これらも1つ108円でキャンドゥで購入することが出来ます◎
左からオーバル、スクエア、ラウンドの型です。

サイズ感は手のひらサイズくらい。

このサイズの型が108円で手に入るなんて…100均はどこまで本気を見せてくれるのでしょうか!?

キャンドゥの新商品でアロマワックスサシェ作り!

道具・材料

・IHヒーター
・IH対応の鍋
・温度計
・割りばし
・ピンセット
・型

鍋は持ち手付き、注ぎ口付きがおすすめ。
スーパーやホームセンターで安価で売られているミルクパンで十分かと思います。
ワックスがどうしてもこびりついてしまうので、普段から調理で使っているものは避け、アロマワックス専用にしたほうが衛生的にも安心です。
・ワックス
・クレヨン
・お好みのアロマ
・ドライフラワーなどお好みの飾り
・リボン

クレヨンはワックスの着色に使います。
専用の顔料、染料もありますが、身近なものだとクレヨンがいちばんきれいに着色することが出来ます。
パステルや、レジン用の顔料はダマが出来てしまうため見栄えがイマイチでした。

作り方

①ワックスを溶かす

鍋に適量のワックスを入れ、IHヒーターに弱火でかけ、溶かします。

ワックスの量は写真を参照してください♪
型の半分くらいまでワックスが敷き詰められる程度で十分です。このくらいの量で約30g。

これを鍋に入れてわりばしで混ぜながら溶かしていきます♪

②着色をする

ワックスが溶け始めたら好きな色のクレヨンを砕いたものを少しずつ加えます。

思った以上に色がはっきり出るので、少しずつ加えて色味を調節してください!

③香りをつける

ワックス、クレヨンが溶けきったらIHヒーターから鍋を下ろし、80度まで冷まします。

熱いままの状態でアロマを入れると香りが飛んでしまう可能性があるため、少し温度を下げてからアロマを入れましょう。

このときアロマを入れる量はお好みで構いませんが、香りを長持ちさせたい場合は20滴ほど入れても問題ありません。

しかし、香りに敏感な方はこの作業をする際にマスクをする、換気をするなど、香りに酔わないように対策をしてくださいね。

④型に流し込む

香り付けが終わったら型にワックスを流し込みます。

ワックスが周りに飛び散らないように気を付けながら作業を行ってください。

⑤飾り付けをする

アロマワックスサシェ作りで一番難しいのがこの飾り付けのタイミングです!

ワックスを型に注ぎ込んでからすぐに飾りつけをしてしまうと、ワックスが固まるころには飾りが下に沈んで埋まってしまいます。
せっかくの素敵なドライフラワー、ドライフルーツ、リネンetcも見えなくては意味がありません。

飾り付けを行うタイミングとしては、流し込んだワックスに薄い膜が張り始めたら!

牛乳のを温めたときに出来る被膜のようなものが出来てくるので、そのタイミングで飾り付けを始めましょう。

膜を少しだけ破るような感覚で飾りを乗せていくのがポイント。

あまり固まりすぎていても飾りが固定されないので、ここが一番の難所と言っても過言ではありません。
自分の好みに配置が出来たら、あとはそっとして固まるのを待ちます。

自然と固まるまでに30分ほどはかかりますが、「そんなに待てない!」という方は冷蔵庫で冷やしてもOKです。

冷蔵庫だと10分ほどで固まりましたが、念のため型から外す前にしっかり固まっているか確認してくださいね!

完成✩

ワックスが完全に固まったのを確認したら、型から取り出します。

あとは、穴にお好みのリボンやヒモを通したら…完成です♪

まとめ

キャンドゥの新商品で作るアロマワックスサシェ、いかがでしたか?

今回使用したキャンドゥのワックスは50gで108円なので、実は通販サイトなどで買った方がお得かもしれません…。
しかし、通販サイトでは500g~がほとんどで少量で売っているところは少ないのが現状!
ちょっと興味あるな…という方はまず少量で手軽に買うことができるキャンドゥのものを試してみるのも手だと感じました!

そして、コスパ◎なのが型!
アロマワックス用の型は通販サイトなどでは安くても450円~が相場です。
それが108円で手に入るのはとても嬉しい♡
安価なものは劣化が早いという難点はありますが、これからアロマワックスを始めようという方、お試しに…という方には十分だと思います!
何かをはじめる時はなにかと揃えるモノが多くて出費が増えてしまうので、賢く活用してもらえたらいいのではないでしょうか♪

キャンドゥをはじめ、セリア、ダイソーといった100均のハンドメイド商品への力の入れ方はかなりのもの。
アロマワックスサシェ作りも今回の新商品の登場で身近なハンドメイドのひとつになりそうですね◎

是非みなさんもキャンドゥの新商品をゲットしてアロマワックスサシェ作りを試してみてくださいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • roco.

    はじめまして。roco.と申します* UVレジンやフェイクスイーツなどハンドメイドが趣味です。インテリア...