WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

折り紙で作る「星の箱」の作り方

今回は、昔ながらの折り紙の箱のご紹介です。持ち手部分が星の形に見えて、ちょっとオシャレ。普通の四角い箱以外で何か作ってみたい時に。千代紙やデザインペーパーで作っても素敵ですよ♪ #折り紙 #折り方 #星

2018.3.28

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.28 / 作成:2018.3.27

【材料】

・折り紙(お好みで柄など)

①三角に折る

まず三角に折ります。

さらに、半分に折ります。

②袋を開いて折り上げる

三角の袋部分を開き、袋をつぶすようにして折り上げます。

裏も同様に折ります。

③左右の角を折る

中心線に合わせて、左右の角を折ります。

裏も同様に折ります。

④袋を開いて折り上げる

上下逆さにし、袋を開いたら、つぶすようにして折り上げます。

裏も同様に折ります。

⑤めくった部分を折る

一枚めくったら、中心線に合わせて端を折ります。左側も同様に行います。

裏も同様に折ります。

⑥持ち手部分を折る

持ち手になる上の角を下方向に折ります。他の3つも同様に折ります。

このようになればOK。あとは、開いて形を整えます。

⑦完成です☆

折り紙で作る「星の箱」が完成しました。普通の四角でなく、箱部分の形もおしゃれ。底の部分は、開くだけならふんわりと。画像のように仕上げたい場合は、⑤の後に下の角を三角になるよう折ってから開き、形を整えるとカッチリとした形になります。お好みに合わせて作ってみて下さいね♪

ポイント

今回のポイントは「袋を開いて、折り上げる」です。今回はこの工程が多め。「袋をつぶすようにして折り上げる」という工程は、小さなお子さんには難しい場合も。上手に折るコツは、袋の状態にした時にできる「袋の中心線」を本体の中心線に合わせること。大人なら簡単にできてしまう工程ですが、苦手なお子さんには、ポイントを教えてあげることで上手にできる場合もあります。
今回の折り方は、昔から親しまれている「角香箱(つのこうばこ)」の折り方です。取っ手が星の形に見えることから「星(型)の箱」と呼ばれることも。最近では、千代紙などの和風柄にもオシャレなものが出てきているので、柄にこだわってみたりと、ぜひ自由な発想でアレンジも楽しんでみて下さいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。