更新:2018.2.17 作成:2018.2.16

折り紙を楽しもう♪「ツリー」のカンタンな作り方

今回は、折り紙で「ツリー」を作ります。こちらは、クリスマスツリーでもおなじみの人気の折り方。グリーティングカードを手作りしたい時などにも、知っていると役立つ折り方です。クリスマスシーズンにも楽しめたりと活用度も◎。ぜひ一緒に、役立つ「大人の折り紙」をしてみませんか?
❤︎ お気に入り
目次
  1. 【材料】
  2. ①半分に折り、折りすじをつける
  3. ②中心線に合わせて、左右に折る
  4. ③上下を返し折る
  5. ④上下を戻して折る
  6. ⑤裏に返し折る
  7. ⑥表の線に合わせて折る
  8. ⑦下に折る
  9. ⑧袋を開いて折り上げる
  10. ⑨両端を折る
  11. ⑩完成です☆
  12. ポイント

【材料】

・折り紙(お好みで柄など)

①半分に折り、折りすじをつける

三角になるように折り紙を半分に折り、折りすじをつけます。

②中心線に合わせて、左右に折る

中心線に合わせて、左右を折ります。

③上下を返し折る

上下を逆さにし、白い部分の半分くらいに先端が出るように折ります。

④上下を戻して折る

元に戻し、画像のように1cmほど残し折ります。

⑤裏に返し折る

裏返し、下の角を1~2㎝ほど折ります。

⑥表の線に合わせて折る

表の折り紙の端の線に合わせ、折ります。

⑦下に折る

画像のように1cmほど残し、下に折ります。

⑧袋を開いて折り上げる

⑦でできた白い三角に指を入れ、袋を開いて画像のように折り上げます。

※こちらは下の裏技で折った画像です。

カンタンでキレイに折れる裏技♪

袋を開いてつぶすように折り上げるこの工程は、実は大人でも少し難しめ。画像のように細目に折った場合は、線が曲がってしまうことも。キレイに仕上げたい!そんな時のおススメ方法をご紹介します。

まず、折って出来た三角の斜めの線(爪楊枝のある線)と同じ長さの場所に印をつけます。

※定規ではからなくても、三角の上の角で(画像左のように)長さを合わせて折れば、同じように印を付けられます。画像は説明用にしっかり折っていますが、軽く曲げる程度でOK♪

印に合わせて折り、折りすじを付けます。

※先に折りすじを作ることで、仕上がり線が曲がってしまうことを防ぎます。

折りすじが付いたら、袋になった三角の部分に指を入れて袋を開き、端からゆっくりと折り上げます。折り上がり線がピッタリに仕上がり、キレイに折れますよ♪

⑨両端を折る

両端を画像のように折ります。

⑩完成です☆

折り紙の「ツリー」の完成です。こちらは、クラフト紙や、100円ショップでもおなじみのオシャレなデザインペーパーで作るとより素敵に。中心線で簡単に半分に折れるので、立体的なグリーティングカードを作ってもカワイイですよ。たとえば、作品を中心線で山折りにし、ツリーの左右をカードに貼り付ければ、飛び出るカードの出来上がり♪ツリーの表面をデコレーションしたり、壁に貼って楽しんだりと、アレンジ次第でいろいろ楽しめます♡

ポイント

今回のポイントは「袋を開いて折る」です。こちらは、折る幅によって細く折り上げる必要があり、少し難しめ。場合によっては仕上がり線が曲がってしまうことも。今回ご紹介した裏技は、比較的簡単に仕上がるので、仕上がりの線が気になる方はぜひ試してみて下さいね♪
”子どもの遊びだから…”と思いがちな「折り紙」。実はアレンジ次第で、楽しみ方もいろいろ。ぜひ「大人の折り紙」で、自分だけの楽しみ方を発見してみて下さいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!