マリンテイスト好きに!水面レジンの作り方とアイデア

皆さんは水面レジンという手法をご存知ですか?
水面レジンは海の水面のように見せる手法でマリンテイスト好きにはたまらないデザインになるんです。

今回は水面レジンのバッグチャームを作っていきます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.21 作成:2017.11.21

目次
  1. 使用材料
  2. 水面レジンの作り方
  3. 水面レジン完成!
  4. 番外 水面レジンの作品例
  5. まとめ

使用材料

【材料】
・レジン液(藤久さんのプレミアムUVレジン)
・着色顔料(ヴィトラーユのターコイズブルー・コバルトブルー・ホワイト)
・空枠
・お好みのパーツ(今回はヒトデパーツ・クリスタルパーツを使用します)


【道具】
・UVランプ(太陽光でもできますが時間がかかるので)
・エンボスヒーター(気泡飛ばしに便利です)


今回はレジン液などは市販のものを使用しています。
最近は百均でもレジンにかかわる商品が出そろっているので
ご紹介する方法でぜひチャレンジしてみてください!

水面レジンの作り方

① 下地の青いグラデーションを作る

まずは使用しているのが空枠なので下地を作っていきます。
最初に着色していないレジンで下地を作って硬化させておきます。

今回はヴィトラーユのターコイズブルーとコバルトブルーで下の青を着色しました。
少しグラデーションがかるようにしています。
 

② 水面になる白いレジン液を流し込む

水面の波紋を残すために白い着色したレジンを流し込みます。
白の着色料は入れすぎると硬化しにくくなるので
うっすら白くなったかな?という程度に留めておいたほうがいいです。
 

③ 白いレジン液の上に透明なレジンを流し込む

水面レジンの一番の難関です…水面レジンという言い方をしていますが技法でいえばドロップアートというようです。
白いレジンを硬化する前に透明なレジンを流し込むことで波紋の模様ができます。

注意することは垂らす量を一定にすると波紋の自然さが表現できないので
不規則に量を調節しながらレジン液を垂らすようにしてください。
 

表は白い部分がはっきりと見える仕上がりになりました!

裏面はヒビが入ってしまった部分が目立ちます…
仕上げで隠してもいいかもしれないですね。

④ 硬化させてお好みのパーツをのせる

今回はヒトデのパーツとクリスタルパーツを使用しました。
ヒトデなどのパーツは自由にデザインできるのでお好みのデザインにしてみるのが楽しいです。

表(ヒトデのクリスタルパーツを添えてシンプルに)

裏面(若干失敗したのでパウダーシェルを使いました)

⑤ バッグチャームにする金具を付ける

バッグチャームにするために金具を取り付けます。

【材料】

・水面レジンチャーム
・丸カン
・シェルパーツ
・バッグチャーム金具

 

水面レジン完成!

金具を取り付けて水面レジンのバッグチャームの完成です!

シェルパーツをレジンの横に添えることでクリアなマリンテイスト感が増しました。
表面と裏面の仕上がりだけでも全く違いますよね。
全く一緒のものができないのも水面レジンの良いところですよね。

番外 水面レジンの作品例

さて、ここまでは水面レジンのバッグチャームの作り方をご紹介してきました。
今回は番外編として他の方の作った水面レジンの作品例もご紹介していきたいと思います。
かわいい猫のフレームにきらめく水面がとてもステキな作品ですね!
星砂を入れることでより水面の透明感が出ています。
虹色の水面が幻想的な作品です。下地の色を変えれば雰囲気がガラッと変わります。
全く一緒の作品にならないところも水面レジンの特徴です!。
浜辺の波の音が聞こえてきそうな透明感がありますね。
水面の大きさを大幅に変えると海感がさらに増しますね。

まとめ

いかがでしたか?
今回はマリンテイストにピッタリな水面レジンの作り方と
作品例のアイデアをご紹介しました。

実は水面レジンは何色も色を使うので難易度が高めの技法です。
私も何度も失敗しています…。
ですが失敗も味になるのも水面レジンの利点です。
ぜひ何度もチャレンジしてみて自分なりの水面レジンを作ってみてはいかがでしょうか?
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • soramamemame

    はじめまして。soramamemameです! 普段からレジンアクセサリーを作っており作り方の紹介をできたらと...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事