簡単!すぐ出来る!英字新聞で作る便利雑貨

みなさんは普段、新聞紙をどのように活用していますか?小さく切ってお掃除に使ったり、野菜を保存するために包装紙として使ったり、古紙回収でトイレットペーパーと交換したり・・・新聞紙の活用方法は様々です。今回は「英字新聞」を使って、簡単に出来る新聞紙の活用法をご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.8 作成:2017.11.8

目次
  1. 簡単!すぐ出来る!英字新聞で作る便利雑貨
  2. まとめ 

簡単!すぐ出来る!英字新聞で作る便利雑貨

英字新聞を用意しよう

英字新聞は、朝日、読売、毎日といった大手新聞社で発刊されています。新聞社によって、日刊や週刊など、発刊スケジュールが違います。1部から購入可能ですが、筆者のおすすめは「定期購読」です。記事内容も毎回変わり、記事や広告のデザインも、色々集めることが出来ます。定期購入の期間も、新聞社によって違います。

簡単!コード収納アイテムを作ろう

用意するもの・・・トイレットペーパーの芯、スティックのり、はさみ、英字新聞。①トイレットペーパーの芯を好みの長さでカットする。(写真は4分の3にカット)②筒状の芯に、はさみで切れ目を入れる。③スティックのりを芯に塗り、新聞紙を貼る。④隠したいコードの束に、芯の切れ目から中に収納すれば出来上がり!少し補強したい場合は、上から水性ニスを塗るのがお勧めです。少しアンティーク感が出ます。

作り方のポイント

トイレットペーパーの芯よりも、大きめに英字新聞をカットします。のり付けするときは、新聞ではなく芯の方にのりをつけると、シワになりにくく貼りやすいです。ここでポイント!水のりだと、新聞紙が破けたりのりが偏って貼りにくいので、スティックのりをおすすめします。新聞を貼り付けたら、はみ出た部分を内側に折り込みのり付けします。折り込みにくい場合は、切れ目を入れて少しずつするときれいに仕上がります。

応用編!こんなインテリア雑貨にも変身します

トイレットペーパーの芯に英字新聞が貼れたら、今度は水性ニスを塗ります。強度が増し、長持ちします。また色合いがアンティーク風に仕上がるので、インテリア雑貨としても最適です。絵画用の筆で、芯に水性ニスをそのまま、表面に塗ります。筆を押し付けたり、一箇所に集中して塗ったりすると、新聞が破れることがあるので、筆圧をかけず軽く塗ります。少し塗りムラがでても、アンティークな風合いが増すので大丈夫です。

簡単!根菜ストッカーを作ろう

用意するもの・・・バスケットまたはアイアンかご、はさみ、英字新聞。①用意したバスケットより、少し大きいサイズに英字新聞をカットする。②バスケットの中心に、英字新聞の中心をあわせ入れ、バスケットの四隅や辺に英字新聞がフィットするように折り目をつける。③英字新聞が、バスケットの内側にきれいに収まるように調整する。新聞がバスケットからはみ出たら、バスケットのフチの形に合わせ、外へ折れば出来上がり!

根菜ストッカーのワンポイント!

根菜ストッカーのいいところは、土がついたままの根菜でも平気で保管出来るところです。新聞が汚れたら、新しいものをさっと変えるだけでOK!根菜に限らず、キッチン用品や細々したものなど、入れるだけの簡単収納でおしゃれに整理整頓が出来ます。ワンポイントアドバイス・・・たまねぎは、ストッカーで保管するよりも、吊るした方が長持ちしますので、じゃがいもやにんじんなどの根菜におススメです。

パーティでさりげなく演出!折り紙で作るプチゴミ箱

用意するもの・・・英字新聞。来客時のテーブル演出として、プチゴミ箱が便利です。①英字新聞半面を縦長にし、真ん中で半分に折ります(やまおり)②上辺の真ん中を中心に、大きな三角を作ります。(反対側も同様)③三角の中心線に折り目をつけ、左右の角を内側に折ります。(反対側も同様)④③で作った三角を上に折ります(反対側も同様)⑤開けると箱が完成!お菓子の袋やみかんの皮などに便利です。

プランターカバーにも英字新聞を使ってみよう

用意するもの・・・はさみ、マスキングテープまたはセロテープ、英字新聞。室内にあるプランターも英字新聞を使えば、一瞬でお洒落に変身します。①光触媒の造花、水気をあまり必要としない多肉植物の鉢など、使いたい鉢の大きさに合わせて英字新聞をカットする。②鉢全体を英字新聞で包む。マスキングテープやセロハンテープで止めれば、はい!出来上がり!

空き箱を簡単にリメイク!

用意するもの・・・空き箱、はさみ、スティックのり、英字新聞。頂き物や不要な箱で、捨てるにはもったいない丈夫なものがあれば、英字新聞でリメイクしてみましょう。①箱の大きさに合わせて英字新聞をカットする。お気に入りの記事や広告をスクラップしてもOK。②スティックのりで、箱に貼る。好きなデザインの記事を大きく貼ったり、小さな記事をパッチワーク風にペタペタ貼ってもOK。③上から水性ニスを塗れば、出来上がり。
英字新聞のほかに、クラフトテープや包装紙でもかわいくリメイク出来ます。写真は、クラフトテープを使用しています。英字新聞では、水性ニスをお勧めしていますが、クラフトテープや包装紙は、透明のOPPテープを上から貼るのが、簡単できれいに仕上がります。水性ニスもOPPテープも、百円ショップやホームセンターで購入出来ます。

まとめ 

いかがでしたか?新聞紙は、破れやすい、触ると黒いインクが手につくなど、ウィークポイントもありますが、簡単に作れて捨てやすい生活雑貨に適しています。少し長持ちさせたい場合は、水性ニスやOPPテープなど使うことで、ウィークポイントを解消することが出来ます。また、英字新聞を用意するのが面倒な場合は、百円ショップで英字新聞のプリントペーパーが購入出来ます。身近な雑貨アイテムとして是非使ってみてくださいね。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事