【100均】カワイイのが一番♡ハート模様のバングルミサンガの作り方

今回は、100均の材料を使い、ハート模様が可愛いバングルミサンガを作っていきます。模様編みは、ミサンガの作り方の中でも難易度が高い作り方。でも、こちらもコツさえ掴んでしまえば、同じことの繰り返しなので意外とカンタン。ゆっくり作れば、初心者さんもトライ出来ますよ♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年10月12日更新

目次
  1. 【材料・道具】
  2. ①紐をカットする
  3. ②編む準備をする
  4. ③ハート模様を編む前に。
  5. ④≪1段目≫を編む
  6. ⑤≪2段目≫を編む
  7. ⑥≪3段目≫を編む
  8. ⑦≪4段目≫を編む
  9. ⑧続けて編んでいく
  10. ⑨編み終わりは、先端を結べるように残す
  11. ⑩先端の処理をする
  12. ⑪先端をカットする
  13. ⑫完成です☆
  14. ポイント

【材料・道具】

材料

  • ジュートヤーン(ピンク)1玉
  • ジュートヤーン(ミント)1玉

道具

  • はさみ
  • マスキングテープ
  • 洗濯ばさみなど

①紐をカットする

紐を1mにカットします。2色4本ずつ用意します。(先端にアレンジを加えたい場合は+20㎝ほどあると安心です。)

②編む準備をする

①先端をお好みで5㎝~10㎝程度残し、紐を結びます。 
※アレンジを加える場合は15cm以上あると安心です。
②結んだら、紐の先端を、画像のようにマスキングテープで固定するか、洗濯ばさみなどを使い、先端をはさんで紐を固定させた状態にし、ハート模様を編む準備をします。
※今回は、しっかりと紐を引き締める場面が多く出てくるため、洗濯ばさみなどで紐を固定させる方をお勧めします。

③ハート模様を編む前に。

ここでのポイント

ここから、ハート模様を編んでいきます。この編み方は、左右それぞれに”巻き付けていく紐”と”芯になる紐”があります。ここでは、以下の2つのことを意識するのがポイントです。
①巻き付けていく紐を、芯になる紐に「”の”の字にする」「”逆の”の字にする」の2つのパターンで結んでいくことで「V字模様に編む」ことが出来ます。(別レシピ”V字模様のミサンガの作り方”を参照して下さいね♪)
②さらにこの2つのパターンを「V字模様の作り方と逆の編み目にする」ことによって、”ハートのカーブ”が編めます。(つまり、斜めに真っ直ぐではなく、曲がって編み目が出来ます。)
①②を意識しながら「4段ずつ編む」と、ハートの形になります。慣れるまではちょっと大変ですが、4段ずつ進むことも出来るので、ゆっくりとトライしてみて下さいね♪

④≪1段目≫を編む

1・右側4本を編む

巻き付ける紐は右端にあったピンクの紐です。芯になる紐は水色の紐です。この2本の紐を使い、逆4の字を画像のように作ります。

2.ピンクの紐の先端を通す

ピンクの紐を画像のように通していきます。

3.”の”の字を作る

そのまま少しずつ紐を引き締めていくと、画像のように”の”の字を描くように紐が通ります。

4.左上に紐を引き締める

そのまま左上に紐を引き上げていきます。

5.しっかりと紐を引き締める

奥まで引き締めると、結び目が出来上がりました。

6.もう一度1~3の工程を繰り返し、”の”の字を作る

同じ紐でもう一度1~3の工程を繰り返し、”の”の字を作ります。

7.左上に紐を引き締める

同じように左上に引き上げます。

8.しっかりと奥まで紐を引き締める

さらに結び目が出来ました。これを右側の4本目が終わるまで繰り返します。

続きはこちら♪

ここまでは編めたけれど、次の編み方がまだ不安。そんな時はこちらへ。画像を見ながら、さらに進めてみましょう♪

①覚えてカンタン♪その①

つづきです。
一番端にあったマスキングテープがついた紐が巻き付ける紐です。真っ直ぐになっている芯になる紐に巻き付けながら“の”の字を作ります。その後、もう一度同じ工程でのの字を作り、紐を引き締めます。その①は「巻き紐で“の”の字を作って引き締める、を2回行う」と覚えるといいですよ♪

2.左上に引き上げる

同様に引き上げます。

3.しっかり引き締める

しっかり引き締めて、さらに結び目が出来ました。同色同士を使う時は、画像のように巻き付ける紐に印などつけると分かり易くていいですよ♪

4.もう一度”の”の字を作る

同様に2回目の“の”の字を作ります。

5.しっかり引き締める

同様にしっかり引き締めます。このように1本編み終わると、巻き付ける紐は常に左側にある状態になります。

9.右側4本が編めました

4本が編めたら、次は左側に移ります。

10.左側を編む

次に左側を編んでいきます。巻き紐は同じくピンクの紐です。今度は右側と反対の「4の字」を作ります。

11.紐の先端を通していく

画像のように紐を通していきます。

12.逆”の”の字を作る

そのままゆっくりと紐を引っ張っていくと、逆“の”の字になります。左側はこの形で紐を巻き付け、繰り返していきます。

13.紐を右上に引き上げる

右側で行ったのと同様に、紐を引き上げます。

14.紐を引き締める

紐を引き締めると結び目が出来上がりました。

15.もう一度逆”の”の字を作る

同様に逆“の”の字を作り、引き上げます。

16.しっかり引き締める

これで水色の紐に巻き付けて編むことが出来ました。これを繰り返します。

続きはこちら♪

右側と同じく続きの2本目の紐を編んでいきます。不安な方は、こちらで確認しながら進めていきましょう♪

覚えてカンタン♪その②

一番端にあったマスキングテープがついた紐が巻き付ける紐です。真っ直ぐになっている芯になる紐に巻き付けながら、逆“の”の字を作ります。その後、もう一度同じ工程で逆“の”の字を作り、紐を引き締めます。その②も「巻き紐で逆“の”の字を作って引き締める、を2回行う」と覚えるといいですよ♪

17.最後に巻き紐を編む

左右が編めました。最後に画像真ん中にある、2本の巻き紐のピンクの紐を編んでいきます。

18.4の字を作る

芯になる紐は右側の紐で、巻き紐は左側のベージュのマスキングテープが付いた紐になります。同じく4の字を描きながら逆“の”の字を作っていきます。

19.逆”の”の字を作る

この後一度引き締め、もう一度逆“の”の字を作って、紐を引き締めます。

20.一段目が編めました

一段目が編み終わりました。

⑤≪2段目≫を編む

1.右側を編む

今度は、巻き付ける紐は端から数えて2番目にあるピンクの紐になります。芯になる紐は水色の紐です。2段目は初めは4の字(逆“の”の字)を作ります。画像のように紐を置きましょう。

2.逆“の”の字を作る

一段目で行ったように、紐をくぐらせながら、そのまま逆“の”の字を作ります。

3.紐を右上に引き上げる

紐を引き上げます。

4.同様に逆“の”の字を作る

この後同様に引き上げて引き締めます。これで、1本目の紐が編めました。

5.残りの2本は逆4の字を作って編む

ここからは編み方が変わります。今度は逆4の字(“の”の字)を作っていきます。

6.”の”の字を作る

ゆっくりと引き締めていくと、このようになります。この後引き締めます。

7.同様に2回目”の”の字を作る

同様に2回目の“の”の字を作ります。同じくこちらも引き締め、この編み方で右側4本目まで編んでいきます。

8.左側を編む

今度は逆4の字(“の”の字)を作ります。画像のように紐を置きます。

9.“の”の字を作る

同様に引き締めていくと、“の”の字になっていきます。

10.同様に引き締める

紐を引き締めると、結び目が出来ました。

11.もう一度繰り返す

同じく“の”の字を作り、引き締めます。

12.右側同様に、逆の編み方に変える

今度は右側と同様に、先程と逆の編み方で逆“の”の字を作り、引き締めます。

2段目が編めました

左右が編めたら、1段目の「巻き紐を編む」と同じ編み方で、巻き紐同士を編んでいきます。

⑥≪3段目≫を編む

1.右側を編む

右端にあるピンクの紐が芯になる紐です。今度も2段目と同じく4の字(逆“の”の字)を作ります。

2.逆“の”の字を作る

逆“の”の字を作ったら引き締め、同様にもう一度作り引き締めます。

3.しっかり引き締める

2段目同様に、残りの2本は逆の編み方(“の”の字)で「編んで引き締める」を2回行い、右側を編んでいきます。左側も2段目同様に編んでいきます。

3段目が編めました

一番最後は1、2段目同様に巻き紐同士を編みます。

⑦≪4段目≫を編む

1.1段目と同様に右側を編む

右側は“の”の字で編んでいきます。

2.左側を編む

左側は逆“の”の字で編んでいきます。

3.巻き糸同士を編む

左右が編めるとこのようになります。最後に巻き紐同士を編みます。

他の段と同じく、芯になる紐は右側の紐です。「逆“の”の字を作り引き締める」を2回行い、同様に編んでいきます。

4段目が編めました

4段目まで編んでいくとこのようになります。

⑧続けて編んでいく

同じように1~4段目を繰り返し、好みの長さまで編んでいきます。

編んでいくとこのようになります

このようになればOKです♪

⑨編み終わりは、先端を結べるように残す

先端は結んで処理をするので、お好みで5~10㎝程残し、最後まで編んでいきます。
※アレンジを行う方は長めに残しておくといいですよ♪

⑩先端の処理をする

先端を結び、アレンジをする場合はここから行います。

⑪先端をカットする

最後に先端をカットします。

⑫完成です☆

ハート模様のバングルミサンガが完成しました。今回はピンク×水色の組み合わせです。ピンクは「恋愛運」水色は「美しさ・笑顔」の意味があります。素敵な人と巡り逢いたい、気になるあの人と両想いになりたい、そんな時に身に着けたい色の組み合わせにしてみました。婚活中の方にも効き目がありそうです。さらに恋愛運をアップさせるには、利き手の手首に着けるのがベスト。
今回はカンタンアレンジとして、先端をあらかじめ15㎝ほど残し、結んだ後に四つ編みをしてあります。編み始めの方には4㎝の四つ編み→さらに二つに分けて三つ編みをして、四つ編みを輪の状態にして結び目に巻き付けました。もう片方は、6㎝四つ編みにし結び目を作り、先端をカットしました。このようにすると留め具代わりになるのでいいですよ♪三つ編みや四つ編みなどが出来ると、自由にアレンジが出来るので覚えておくと便利です。

ポイント

今回のポイントは「ハート模様の編み方」です。こちらは「V字模様」を編んでから作ると、構造が分かりやすいので、時間のある場合は「V字模様」のミサンガから作るのがおススメです。初心者さんがトライする場合は、”ここでのポイント”に記載したように「V字模様になる仕組み」と「カーブになる理由」を意識すると、分かりやすくなりますよ♪まずは4段編めれば、あとは同じことの繰り返しなので、ゆっくり作れば大丈夫。今回はジュートヤーンを使用しているので、幅約2.5㎝のバングル風ミサンガになりますが、通常のヘンプや刺繡糸などで淡い配色で作れば、さらに華奢な感じに仕上がり、可愛さも増しますね♡アレンジも楽しいので、是非チャレンジしてみて下さいね☆
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使うアクセサリー作りが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事