ユニット折り紙・多面体「くす玉」で作る魅惑の世界。コツを掴んでアート作品に挑戦

複数枚で作る多面体の折り紙のことを「ユニット折り紙」と言います。とてもきれいなアート作品は、自分で作るには敷居が高いように思いますが、コツを掴めば簡単です。パーツの組み合わせで成り立つ多面体折り紙はそれが4つなのか168個なのかの違いだけ。さぁ、そのからくりを見てみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月27日更新

目次
  1. 多面体折り紙とは
  2. 4~12枚で作る多面体折り紙(くす玉)
  3. 15~30枚まででつくる多面体折り(くす玉)
  4. 60枚以上でつくる多面体折り紙(くす玉)
  5. 目を引くユニット折り紙作品集(くす玉)
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事