ユニット折り紙・多面体で作る魅惑の世界。コツを掴んでアート作品に挑戦

複数枚で作る多面体の折り紙のことを「ユニット折り紙」と言います。とてもきれいなアート作品は、自分で作るには敷居が高いように思いますが、コツを掴めば簡単です。パーツの組み合わせで成り立つ多面体折り紙はそれが4つなのか168個なのかの違いだけ。さぁ、そのからくりを見てみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月27日更新

多面体折り紙とは

複数組み合わせて作る折り紙

多面体折り紙とは、同じ形のパーツ(ユニット)を複数組み合わせて作る折り紙のことを言います。ユニットを組み合わせて作るためユニット折り紙とも言われます。

海外では、Modular Origami(モジュラー折り紙)と呼ばれひそかに人気がある日本の伝統作品です。

正確に折ることが重要ポイント

ユニット折り紙のベースとなるのはパーツです。ひとつひとつのパーツの組み合わせから成り立っているので、基礎になるパーツはきちんと折りましょう。基本のパーツがきれいだと組み合わせたときの形もきれいに仕上がります。

折り方の説明で折り目をつけるサインが度々出てきますが、完成形になる前の形づくりなので、折り目は面倒でもきっちりつけていくことがポイントです。

4~12枚で作る多面体折り紙

まずは4枚からチャレンジ

まずは簡単に4枚で作る三角形を折ってみましょう。

色違いの4枚の折り紙を用意します。初心者は色が違うほうが最初はわかりやすいので、できれば違う色で折ることをおすすめします。

正三角錐ユニットを4枚折ります。

ガイダンスの中で「折って折り目をつけて戻す」という項目がいくつかありますが、面倒でもきっちりとこの作業をするときれいな仕上がりになります。

4つパーツができたらぞれぞれ差し込んでいって完成です。

折り方

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事