ユニット折り紙・多面体で作る魅惑の世界。コツを掴んでアート作品に挑戦

複数枚で作る多面体の折り紙のことを「ユニット折り紙」と言います。とてもきれいなアート作品は、自分で作るには敷居が高いように思いますが、コツを掴めば簡単です。パーツの組み合わせで成り立つ多面体折り紙はそれが4つなのか168個なのかの違いだけ。さぁ、そのからくりを見てみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月27日更新

①縦、横、半分に折って折り目をつけて戻します。
②下半分をさらに半分に折って折り目をつけて戻します。
③下4分の1をさらに半分に折って折り目をつけて戻します。
④下8分の1を折った状態のまま、全体を半分に折ります。
⑤横に半分に折り、さらに半分に折って4等分にして、折って折り目をつけて戻します。
⑥左2番目の四角を図の点線で折ります。
⑦点線で折って開きます。
⑧さらに点線で折ります。
⑨点線で折ります。
⑩裏返します。
⑪点線で後ろに少し折ります。
⑫正三角錐ユニットができました。

組み立て方

4つのユニットをそれぞれ隣合わせに差し込んでいきます。すべて差し込めば、正三角錐のできあがりです。

6枚で作る「あやめ」

花びらを6枚折っていきます。折り紙を三角に折り、点線を折って折り目をつけながらジャバラに折り、段折りしていきます。

途中で折り目をつけて戻して段折りして折り込む作業があり少し複雑ですが、折り目をきっちりつけながら慎重に行いましょう。

12枚で作る「くす玉12面体」

12枚の好きな色の折り紙を用意します。

まず、折り紙を四角に折り、折り目をつけるところからはじめます。ガイダンス通り折り進めていき、いったんすべて開くと折れ線ができています。
この折れ線が大事になります。折れ線に合わせて谷折り、山折りを間違えないように順番通り折っていきます。

折り進めていくと、サッカーボールのようなパーツができます。これを12個作り組み合わせていきます。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

  • 月間人気ランキング

    今月もっとも見られている記事