WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【コットンパール風】ダイソーのマットパールがすごい!おとなかわいい簡単ピアスの作り方

ダイソーのマットパールがすごい!コットンパールのように見えるけど、断然お値打ちで購入できるダイソーのマットパール。今回はそんなダイソーのマットパールで、おとなかわいいピアスを作りたいと思います。 #ピアス #パール

ひー
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.11 / 作成:2018.6.8

【コットンパール風】ダイソーのマットパールとは?

ダイソーで買える、コットンパール風のビーズがマットパールになります。
6~14mmのサイズがあり、1袋に~20個程度入っています。

穴もきちんと開いているので、色々なアクセサリー作りに使うことができます。

マットパールとコットンパールの違いって?

コットンパールと比べて、マットパールはかなりお値打ちで手に入ります。
見た目はほぼ変わらないように見えますが、どういった違いがあるのでしょうか。

コットンパールはその名前からもわかるように、コットンを圧縮して、その表面にパール加工を施しているパールです。 コットンならではの凹凸や、軽さ、風合いなどが楽しめます。

大してダイソーのマットパールは、樹脂でできたパールの表面を、コットンパール風に加工したものになります。

なので見た目は似ていますが、素材そのものが実は全く違うんですね。マットパールはあくまで「コットンパール風」のパールになります。例えるならカニとカニカマみたいな感じでしょうか。

ダイソーのマットパールのいいところ

コットンパールそのものとは別物と聞くと、ちょっとがっかりするかもしれませんが、ダイソーのマットパールはとても優秀なアイテムです。

まず先ほども少し触れましたが、値段の面。
お店にもよりますが、コットンパールは6mm20個入りのもので400円以上します。
ダイソーのマットパールはご存知の通り100円。このコスパの良さは嬉しいですよね。

そしてコットンパールは綿を固めて作られているので、水や汗に弱いという特徴があります。
なので夏場に使うアクセサリーや、ガンガン普段使いをしたいものには、マットパールの方が使い勝手が良いかもしれません。

マットパールの良くないところ

便利なマットパールですが、もちろんデメリットもあります。

まず一つが、マットパールにはコットンパールよりも重さがでます。
一つではそれほど感じないかもしれないですが、まとめて持つと重さが全然違います。
コットンパールはその軽さも魅力のアイテムなので、この点はマットパールは適いません。
とはいえ、ピアスなど少ない数で使う分には、あまり気にならないとは思います。

そしてもう一つが、マットパールは前述したように、樹脂でできたパールの表面をコットンパール風に加工しているものです。
なので使っているうちにその加工が剥げてしまうこともあります。

耐久性に関してはコットンパールも優れているとは言えないのですが、一部分だけ加工が剥げてしまうとやっぱり目立ちますよね。

ダイソーのマットパールを使った簡単ピアスの作り方

材料・道具

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ひー

    猫と暮らしながら、趣味でハンドメイドアクセサリーを作っています。 minneのギャラリーで、アクセサリ...

    フォローする