WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

フレンチトーストレシピ集【基本からアレンジ・トッピングまで】

基本の作り方やポイントをマスターすれば失敗なしのきれいなフレンチトーストが焼き上がります。アレンジレシピやトッピングも紹介しています。パンの耳も美味しいフレンチトーストに大変身。 #フレンチトースト #レシピ

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.12 / 作成:2018.6.8

バリエーション豊富なフレンチトースト

基本の分量を覚えておけば、あとはアレンジ自由。アパレイユ(卵液)にコーヒーやココアを加えたり、トッピングを変えていろいろなバリエーションが楽しめます。食パンかバゲット、パンの種類によっても食感が変わってきます。ふわっとろっな滑らかな舌触りがお好みの方は食パン、少し食感を残したい方はバゲットなどのハード系にするか、アパレイユに浸す時間を短縮してください。食パンやバゲット以外のパンでも作れます。
食パンの耳を切り落としたほうがより滑らかな食感になります。耳も成形してフレンチトーストになるので無駄なく使えますよ。フレンチトーストのあの食感が苦手な方はやや歯応えの残る食パンの耳で作ったものがおすすめです。

フレンチトーストを失敗する理由は?

フレンチトーストは食パンをアパレイユに浸して焼くだけなのでとても簡単に作れるのですが、意外と失敗してしまうのが焼き加減。思うように膨らまず形が崩れてしまったり表面だけ焦げてしまったりした経験がありませんか?

ふっくらと黄金色に焼き上げるには火加減が肝心ですが、フライパンによっても変わってきます。焦げつきやくなった古いフライパンを使うと、水分をたっぷり含んだ食パンはフライパンにくっつきやすく、形が崩れたり焦げる原因になってしまいます。

レシピ通りに焼いたのにきれいに焼けなかったら、フライパンが原因かもしれません。
 

パンにアパレイユが染み込まない?

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする