WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

一度食べたらハマる!チーズタッカルビの作り方

コチジャンを入れた甘辛いタレに鶏肉と野菜を漬け込んで焼くだけのチーズタッカルビ。とろっとろのチーズをたっぷり絡ませながら食べれば、ご飯もビールもすすみますよ。元々簡単な料理ですが、さらに時短に作れる方法や焼き肉のタレを使った簡単レシピ、豆板醤を使ったコチュジャンの作り方も紹介します。 #チーズタッカルビ #レシピ

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.6 / 作成:2018.6.4

日本で人気の韓国料理「チーズタッカルビ」

タッカルビの「タッ」とは「鶏」、「カルビ」は「あばら骨」という意味をもつ、韓国の焼肉料理の一つ「チーズタッカルビ」

コチュジャンをベースにした甘辛い味付けの鶏肉と野菜を鉄板で炒め、中央にチーズを入れて蒸し焼きにします。鶏肉に火が通りチーズが溶けたら完成、とろけるチーズの川の中に肉や野菜をくぐらせてチーズフォンデュのようにして熱々をいただきます。

ピリッと辛いタレととろとろのチーズが絡み合いなんともいえない美味しさのチーズタッカルビ。食べ終えたらまた食べたくなるほど病みつきになります。ビールとご飯のお代わりが欲しくなりますよ。

チーズタッカルビの簡単レシピ

暑い夏にはスタミナアップに、寒い冬には身体を温めるために、季節を選ばない材料で作るから一年中楽しむことができます。通常鉄板で焼きますが、フライパンでもできるので手軽に1人分から楽しめます。

チーズタッカルビに向いている食材

ピリッと辛い味付けですが、辛いだけではなく甘さとコクもプラスされているのが美味しさのポイント。そこにとろけるチーズを加えればまろやかさも出て旨味がアップします。

使う材料は「鶏もも肉、野菜、お好みで韓国の餅『トッポギ』や切り餅」を入れます。野菜もお好みですが、一般的なものは「キャベツ、人参、玉ねぎ、ジャガイモ、さつま芋、茄子、ネギ」といったところでしょうか。ボリュームを出したいときやお子さまにはトッポギ、餅、芋類はおすすめです。

鶏肉を減らして芋類やトッポギを増やしたりと、お好みで材料の種類や量を組み合わせてみましょう。

基本の材料(2人分)

・鶏もも肉…300g
・キャベツ…1/4個
・人参…1/2本
・玉ねぎ…1/2個
・トッポギ…好きなだけ
・ピザ用チーズ…好きなだけ(たっぷり目がおすすめ)目安としては150g
・ごま油…大さじ1 

【タレの材料】
・コチュジャン…大さじ2
・醤油…大さじ2
・酒…大さじ2
・砂糖…大さじ1
・にんにくのすりおろし…1片分
・生姜のすりおろし…1片分
 ※にんにくと生姜はチューブでも可

〇上記の材料だと辛いのが苦手な方にもちょうどいい辛さに仕上がります。
辛党の方には物足りないかもしれないので、粉唐辛子大さじ1か豆板醤だと小さじ1ずつをプラスしてみてください。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする