WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

おいしい冷しゃぶの茹で方

暑くなってくると、冷しゃぶのおいしさを思い出しますよね。冷しゃぶは手軽に作れてボリュームもあるので、忙しい主婦の強い味方です。
そんな冷しゃぶの作り方のポイントは、他でもなく豚肉の茹で方になります。ひと手間加えるだけでさらにおいしくなる、豚肉の茹で方を紹介します。 #冷しゃぶ #茹で方

aya_ayachin0426
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.5.30 / 作成:2018.5.30

冷しゃぶ用の豚肉の選び方

「しゃぶしゃぶ用」を購入しましょう

冷しゃぶに使うお肉を購入する場合は、貼ってあるラベルをよく確認して必ず「しゃぶしゃぶ用」と表記されているものを選びましょう。
店頭で豚肉をパッと見ただけではバラ肉や薄切り肉も大きな違いは感じられませんが、実際には豚肉の薄さが全然違ってきます。「しゃぶしゃぶ用」の豚肉は、数秒で火が通るように均等に極薄状態にしてあります。
うっかり早とちりして、間違えないように注意しましょう。

国産の豚肉がおすすめ!

お肉屋さんやスーパーなどではさまざまな産地のお肉が売られていますが、冷しゃぶ用の豚肉はできるだけ国産のものをおすすめします。国産と海外産のお肉の大きな違いは、臭みとパサつき感になります。国産のお肉の方が海外産と比較して、臭みが気にならず且つパサつき感も少ないという印象があります。
料理次第で調理法によっては比較的安価で購入できる海外産のお肉でも問題ないものも多くありますが、冷しゃぶに関しては使用する調味料も少なくお肉本来の味が重要になってくるので、国産のお肉をおすすめしています。

豚もも肉で十分おいしい!

豚肉にはしゃぶしゃぶ用のお肉として、「もも肉」と「ロース肉」が売られていますが、当然のことながら価格が異なってきます。お店や特売日などによっても違ってきますが、どうしてもロース肉の方がもも肉と比べて高額になります。
上記でおすすめした国産の豚肉であれば、もも肉で十分おいしさを味わえます。価格とおいしさの両面から考えると、冷しゃぶには「国産豚もも肉」がよいでしょう。100gあたりでは150円~200円程度で売られていることが多くなります。

後ほど、国産豚もも肉のおいしい茹で方について解説していきます。

鍋を効率よく使おう

鉄則!野菜から茹でる

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • aya_ayachin0426

    お料理大好き二児のママです。母として、管理栄養士として、日々の料理を楽しんでいます。

    フォローする