WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

パスタの種類と特徴|基本の茹で方

パスタにはロングパスタとショートパスタがあるのは皆さんご存知だと思いますが、その種類は650以上もあり、私たちが普段使っているパスタはほんの一部でしかありません。日本で馴染みの深いものや有名なパスタの種類と特徴、知っているようで知らない水や塩の分量・基本の茹で方を紹介していきます。 #パスタ #茹で方 #種類

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.5.18 / 作成:2018.5.11

調理法やソースでパスタを選ぶ

650種類以上もあるパスタですが、分類の仕方も様々あり、ロングかショートといった「形状による分類」・ラザニアのようにオーブンで焼く、スープの具にする、ソースを絡めるといった「調理による分類」・「乾燥か生」・製造の過程で使用する「ダイス(鋳型)の種類」といった方法で分類することができます。

私たちが日常よく使うロングパスタとショートパスタ。ロングは麺の太さや断面の形状が異なり、ショートは見た目が明らかに違いますね。調理法やソースの種類によって使い分けるパスタですが、実際使っているパスタの種類はほんの一部。

パスタをもっと知ればパスタのレシピも増えるかもしれませんよ。いろんな組み合わせを楽しんでみませんか。

ロングパスタの種類と特徴

出典 pixabay.com

ロングパスタは最も馴染みが深く、口にすることも多いパスタですね。ロングパスタは長さが25㎝とされていますが、太さや形状は様々で、それによって名称が変わってきます。麺によって食感やソースの絡みが変わってくるので、ソースの種類によって麺を選びます。

スパゲッティ(Spaghetti)

出典 pixabay.com

日本では最もポピュラーなロングパスタ。スパゲッティとはイタリア語で「紐」の意味をもつ「spago」が語源となっています。

日本農林規格(JAS)は「1.2mm以上の太さの棒状、または2.5mm未満の管状」と規定していますが、一般的には、断面が円形で太さ1.9mm前後の棒状のものをいいます。

トマトソース、クリームソース、オイル系など、どんなソースにも合うので一番扱いやすいパスタといえるでしょう。

スパゲッティーニ(Spaghettini)

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする