WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

子どもも大好き!栄養満点の朝ごはんレシピ集

朝ごはんは、その日1日の活力を作り出す上でとても大切で必要不可欠な栄養源です。しかし、朝はごはんを用意する側も食べる側も時間に追われるというのが現状です。簡単に準備ができ食べやすく、且つ栄養満点の朝ごはんレシピを紹介していきます。 #栄養 #レシピ #朝ごはん

aya_ayachin0426
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.5.1 / 作成:2018.4.27

主食(+主菜)をしっかり摂ろう

まずは、食事の基本である主食をしっかりと摂りましょう。朝食の主食は、ごはんまたはパンになることが多いと思います。子どもの好みに合わせて、食が進むものを用意してあげるとよいでしょう。
朝食はきちんと食べるという生活リズムを作ってあげることも、習慣として重要になってきます。

炭水化物の重要性

主食の主となる栄養素は炭水化物になります。炭水化物は糖質と食物繊維の合計を表し、糖質は全てのエネルギー源の基本となる成分であることから、1日の始まりである朝食においては特に重要となります。
糖質を摂ると消化吸収された後に血液と一緒に全身を巡り、特に脳内ではブドウ糖として活躍しています。
しっかりと主食を摂るということで、体が1日の始まりであると認識するのです。子どもが元気に活動できるように、主食を食べる習慣とリズムを作ってあげたいですね。
 

主食にプラスワン!

プラスワンとは、ごはんやパンに他の食材を加えるということです。難しく考える必要はありません。分かりやすい例えで表すと、卵を加えたら<卵かけごはん>や<卵サンド>ということです。
主食+主菜メニューにすることで子どもが食べやすくなることはもちろん、作る側の時短にも繋がりますよ。

次に、ごはん食とパン食に分けていくつか例を挙げていきます。

ごはんにプラスワン!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • aya_ayachin0426

    お料理大好き二児のママです。母として、管理栄養士として、日々の料理を楽しんでいます。

    フォローする