WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

簡単でおしゃれなエアプランツの育て方と種類

フェイクグリーンにはないリアルな植物の癒しの力―――エアプランツはそれをしっかり感じさせてくれる代表的なグリーンインテリアのひとつです。何よりもうれしいのは手が掛からないこと。
今回はエアプランツの育て方と種類について取り上げます。 #グリーン #エアプランツ #育て方 #ガーデニング

miesh
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年4月12日更新

エアプランツは葉色で大きく2つに分けることができます。
葉が全体的に白っぽく、毛羽だった表面が銀色に見えるものを銀葉種(ぎんようしゅ)といい、それよりも葉の青さが鮮やかで、葉の表面があまり毛羽立っていない緑葉種(りょくようしゅ)といいます。

2-1銀葉種とは

銀色に見えるのは、多くのトリコームがあるため。トリコームはエアプランツ独特の器官で、根からではなく葉から養分と水分を取り込むことからエアプランツの葉の表面を覆い尽くしている白い毛状をしています。栄養分や水分を取り込むだけでなく、強い日差しから葉焼けから守る働きもしています。
このことから、銀葉種のチランジアは乾燥に強い傾向があります。

2-2緑葉種とは

緑葉種には銀葉種に比べてこのトリコームが少ないため緑色にみえることからこの名前が付きました。熱帯地域に多く自生して、銀葉種と比べて水を好み、強い日差しが苦手。強い日差しの下では葉緑素が破壊されてしまうからです。

3.銀葉種の育て方と代表的な品種

3-1育て方

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • miesh

    はじめまして、mieshと申します。 編み物、DIY、多肉植物の栽培に凝っています。 好きな色は白とベー...

    フォローする