WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

絶品フライドポテトの作り方|余ったポテトはアレンジすれば時短にも

フライドポテトをお家で作っても、お店のように美味しくならないからと、冷凍ポテトを買っていませんか?自分で作れば低コスト、無添加で安心して食べられますよ。カリっホクッと揚げるコツは冷たい油から揚げていくこと。基本の作り方、ディップやフレーバーのレシピ。余ったポテトを使ったアレンジレシピなど、ポテトを100%楽しむ方法が満載です。 #フライドポテト #作り方

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.19 / 作成:2018.3.19

出典 unsplash.com

お家でジャガイモからフライドポテトを作ると、カラッと揚がらずに油っぽくなったりしますが、秘密は揚げ始める温度にありました。冷たい油から揚げると、お店の味に近づける美味しさになりますよ。

その他にも、ジャガイモには今まで知らなかった常識があります。

ジャガイモを水にさらすのはNG!

出典 pixabay.com

ジャガイモのデンプン質を洗い流すために、水にさらしている方が殆どだと思いますが、
水にさらすと、せっかくの栄養素を失うことになりますよ。

ジャガイモの優れた栄養素

日常の料理で、よく使うジャガイモですが、すぐれた栄養素があるのをご存知でしょうか?
たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素の他に、

フェルラ酸やクロロゲン酸というポリフェノールの成分が含まれており、抗酸化作用が強く老化、ガン、認知症予防に効果が期待できるといわれています。

美容や健康に必要不可欠なビタミンCも豊富に含まれています。ビタミンCは、熱に弱く水に溶けやすいという性質を持っていますが、ジャガイモはデンプン質に覆われているので、加熱しても損失が少なくてすみます。

そのでんぷん質を水にさらしてしまっては、せっかくのビタミンCが、熱によって壊されるだけでなく、それ以前に水の中へ溶け出していってしまいます。

栄養素を損なわない調理法とは

水にさらしたり茹でたりすると、フェルラ酸、クロロゲン酸、ビタミンCが水に溶け出していくので、丸ごと蒸すかレンジで加熱するのがおすすめです。

どうしてもデンプンが気になるようであれば、サッと水に通すだけにしましょう。

レンジで作る絶品フライドポテト

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする