WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

北欧とは違ったチェコの素敵な雑貨アイテム<チェコビーズ、チェコグラス>

スワロフスキーはクリスタルのオブジェやアクセサリーで人気のブランド。「スワロ」の愛称でも知られていますが、そのビーズの輝きは一級品。一度は手にしたいものです。
実はスワロフスキーの創始者もチェコの出身だったのですよ。
今回はチェコビーズとチェコグラスに焦点を当ててご紹介します! #チェコ雑貨 #雑貨 #ビーズ

miesh
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.19 / 作成:2018.3.17

チェコとガラスの深い関係

「ボヘミアグラス」という言葉、耳にしたことありませんか?

 

ボヘミアは現在のチェコの西部・中部地方を示す歴史的地名のことで、その昔、ポーランドの南部からチェコの北部にかけてより広い地方を示していました。

 

当時も西にはドイツ、北にはポーランド(シレジア)、南にオーストリアと、3方を別の国が接していました。

 

この地方は牧畜が盛んで、牧童のいでたち(黒い皮の帽子に皮のズボンにベスト)は、オーストリア帝国の馬術や馬を扱う人たちの人気になったとか。遊牧民も多かったのようです。

 

さらにこのスタイル、オーストリアからハプスブルグ家つながりで遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカのカウボーイの服装になったとも言われています。

ボヘミアンの語源に

ボヘミアは「ボヘミアン」や「ボヘミアニズム」という言葉の語源にもなりました。ことばの意味ですが、スタイルとともに西欧に伝わった当時は「芸術家気取り」、「芸術家趣味」と皮肉を込めたものでした。

 

第二次世界大戦前のパリやベルリンでは、スモック・ブラウスにベレー帽という画家風のスタイルを示し、芸術家などにみられる独特のファッション全般をそう呼びました。

現在では①ジプシーとよばれてきた少数民族ロマのこと②社会の習慣に縛られず、芸術などを志して自由気ままに生活する人を示す言葉となっています。

ボヘミアンスタイルが今も愛されるわけ

ボヘミアンスタイルとは繊細な刺しゅうやレース,ギャザーが施されたブラウス・スカートに、ショールやフリンジをあしらったベルトなどを組み合わせたもので、少数民族ロマの民族衣装の要素を取り入れたファッションのことです。
刺しゅうやレースなど、ハンドメイドの要素があることから、自作する人が多いのです。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • miesh

    はじめまして、mieshと申します。 編み物、DIY、多肉植物の栽培に凝っています。 好きな色は白とベー...

    フォローする