WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

材料3つ!スリーステップで作る食パンラスクと簡単アレンジレシピ集

サクサク食感がクセになる美味しさのラスク。砂糖をまぶしティータイムに、塩気を利かせればワインに合うおつまみに。新発見の食べ方が満載!食パンを使ったラスクの作り方やコツも紹介します。自分で作ったラスクは一味違って美味しさアップ。手間がかかりそうだと思いがちなパンの乾燥もレンジで簡単にできます。 #ラスク #レシピ

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.15 / 作成:2018.3.14

バゲットや食パン、その他にも、総菜パンや菓子パンみたいに具材が入っていないものであれば、何でもラスクにすることができます。半端に余って固くなってしまったパンがあったら、それはまさにラスク向き!

バターや砂糖を絡めてラスクにしてしまいましょう。

たくさん作ったらラッピングして、お友達やご近所におすそ分けしてみるのもいいですね。

乾燥してしまったパンはラスクに

出典 pixabay.com

ラスクはビスケットの一種で、パンを二度焼きした焼き菓子のことをいいます。固くなったパンを食べるために作られたのが始まりです。食べ物を無駄にしない昔の人の知恵ですね。

ご家庭でも、バゲットや食パンは中途半端に余ってしまい、使い道に困ることがありますよね。
おやつやおつまみにすれば、立派な一品になります。

簡単に作れるので、お子さまやご自分のおやつに、旦那様のおつまみに作ってみてはいかがですか。

フライパンで簡単!食パンのコロコロラスク

材料は3つだけフライパンでできて簡単なのに、サクサク軽い食感とほどよい甘さがクセになる、手が止まらない美味しさです。
 

材料と作り方

ラスクを作るポイントは、水分を飛ばし乾燥させることです。日にちが経って固くなったパンなどが一番適していますが、買ったばかりのパンを使用するときは、作るまでの間、パンを袋から取り出して冷蔵庫に30分程入れておくと余計な水分が飛んで、乾燥させる工程で時間が短縮できます。

オーブンで水分を飛ばす方法もありますが、レンジで簡単に、しかも短時間でカラカラに乾燥させることができます。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする