WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

フランス料理の【リエット】パテとの違いは?美味しい食べ方とレシピをご紹介

フランス料理を食べに行くと目にする【リエット】ですが、見た目はパテとそっくりですよね。そんな素朴な疑問にお答えすべく、本記事ではリエットとパテの違いについて述べます。さらに、自宅でも簡単に作れるリエットレシピをご紹介。超時短レシピにヘルシーレシピは必見です。 #リエット #レシピ

ponta20170213
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.5 / 作成:2018.3.3

フランス料理で最近よく見かける【リエット】とは?

フレンチを食べに行くと、メニューで見かけることのある「リエット」
前菜などによくついてきますよね。
そもそもリエットって何?と疑問に思っていらっしゃる方に、リエットとは何かについて説明します。
リエットとは、豚バラ肉や肩肉にしっかりと塩を振り、ラード(豚の油)で柔らかくなるまで煮込み、冷蔵庫で冷やしたフランス料理です。
常温に戻してバケットなどに浸けて食べるのが一般的。

豚肉のほかにもガチョウ、アヒル、鶏などの肉、いわし、マグロ、サケ等の魚が使われることもあります。

フランスではもともと保存食として作られていたもので、フランスの伝統料理の一つです。
日本ではフレンチのコースに出てくるおしゃれな料理ですが、フランスでは家庭の味なのですね。

リエットとよく似ているパテとの違い

リエットとってパテを言い換えたもの?と思っていらっしゃる方のいるのではないでしょうか。
実際に見た目はそっくりなので、そう思ってしまうのも当然です。

リエットとパテの違いはどこにあるのでしょうか。
その答えは、パテの本来の調理法にあります。
パテと言えばリエット同様バケットに漬けて食べるイメージが強いですが、本来はミンチ上に細かくした肉と野菜を、パイ生地に包んで焼き上げて料理のことを「パテ」と言うのです。

ですから、元々の調理方法から見ると、リエットは「煮る」パテは「焼く」といった大きな違いがあります。

しかし、最近ではペースト状にした肉や野菜をパテと呼ぶことが多くなり、リエットとの区別がつかなくなってきているということなのです。

パンやクラッカー以外にもあるリエットのおいしい食べ方

リエットとパテの違いが謎解きされたところで、次はリエットのおいしい食べ方をご紹介します。

先ほどから述べているように、リエットはバケットに漬けて食べるのが一般的。
ちょっとしたおつまみにはクラッカーに乗せて食べることもあります。

しかし、味が濃くこってりとしたリエットは、同じ食べ方だけだと少し飽きが来てしまいますよね。
底でおすすめの食べ方は、「リエットで作るパスタ」です。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...

    フォローする