WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

常温保存は向かない?「かぶ」を 丸ごと使いこなす保存方法と簡単レシピ

春と秋に2回旬の時期がある「かぶ」は、茎(白い部分)と葉に分かれ、葉のほうに高い栄養があります。丸ごと食べるのがおすすめですが、意外と保存方法を知らずに使いこなせていない方も多いのではないでしょうか。保存法や保存後に美味しく食べられるレシピを紹介していきます。ぜひ丸ごと楽しんでみてください。 #保存方法 #かぶ #レシピ

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.28 / 作成:2018.2.28

出典 1688yjsc.com

「かぶ」は、店頭では数個束になって売られていることが多いと思いますが、量が多いからと買うのを諦めていませんか?

適切な処理をして保存すれば1ヶ月程楽しむこともできます。では、どういった保存の仕方が向くのでしょうか。常温?冷蔵?冷凍?意外と知られていない保存の仕方やかぶを丸ごと使って調理できるレシピを紹介していきます。

 

かぶは茎よりも葉のほうに栄養がある

かぶを使いこなすための豆知識

かぶの旬は年に2回、3~5月の春と10~1月の秋に迎えます。春ものは柔らかく、寒くなる時期の秋ものは甘みが増します。

白い部分を「茎」と呼び、「茎」と「葉」に分けて両方食べることができます。

茎よりも葉に栄養が詰まっていますが、どんな栄養があるのでしょう。
 

かぶの栄養成分・効果

茎の栄養素

消化酵素のアミラーゼを含んでおり、デンプンを分解して胃もたれや胸やけを解消する働きがあります。

葉の栄養素

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする